atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

ブリーダーから犬を飼うのは?特徴や流れ、悪質ブリーダーの避け方も

ダフくん
ぼくたち犬や猫が、飼い主さんと出会う方法はたくさんあるんだワン!
ペルちゃん
ダフくんは、どこで産まれて育てられたの?
ダフくん
ぼくは優しいブリーダーさんのもとで、お父さんとお母さんと一定期間一緒に暮らした後に、いまの飼い主さんに出会ったんだワン!
ペット博士
ダフくんはすごく整備された環境下で育ったんだよね!
ダフくん
そうなんだワン!
ペルちゃん
でも現実問題として、ブリーダーさんにもいろんな方がいるんだよね。
ペット博士
その通り。ペットショップでなく、ブリーダから犬を飼いたい場合、優良なブリーダーさんから譲ってもらうのがよいでしょう。中には悪質なブリーダーいるので、自分で見極めることが必要です。今回は、ブリーダーさんから犬を飼う流れや気をつけることをご紹介します。

ブリーダーとは?


ブリーダーは、犬の繁殖を行なって、子犬を販売している人のことをいいます。ブリーダーの中には、ペットショップに卸しているまたは犬の競り(オークション)に出荷している事業所と、直接販売を行っている事業所があります。

ブリーダーとして子犬を販売するには、動物取扱業の登録を行うことが法律で定められていて、国から認められた登録番号を所有していない事業所は、悪質なブリーダーとなります。

ブリーダーから犬を飼う特徴は?


優良なブリーダーから直接子犬を飼いたい場合、ペットショップでは見ることのできない子犬の様子や生育環境を知ることができるなどメリットがたくさんあります。

同犬種の選択肢が豊富

気に入った犬種をペットショップで探すよりも、専門の犬種を扱っているブリーダーから子犬を探した方が、同じ犬種で選べる子犬の数が多いメリットがあります。また、個人経営のブリーダーさんなど、親切なブリーダーの場合は、同胎の兄弟姉妹を見せてくれるなど、選択肢が豊富です。

両親と同じ環境で育てられている

計画的に繁殖を行って、子犬の精神的な成長を考えているブリーダーさんは、社会化期と呼ばれる大切な時期に母犬や兄弟姉妹犬達と一緒に過ごさせていることが多いです。子犬にとっては社会化期に後の子犬の成長に重要なことで、早くに親兄弟と離されていない犬は、たくさんの経験をしてから巣立って行きます。

専門的な説明やサポートがある

プロフェッショナルなブリーダーは、犬種の特性などを把握して、遺伝子疾患がないか検査を行った上で、血統を維持しながらきちんと繁殖計画を立て、繁殖を行っています。

わからないことがあった時に相談に乗ってくれることや、犬種に特徴的な病気の説明、子犬を購入した後のサポートなどを行ってくれるブリーダーは信頼でいる質の高い犬舎といえるでしょう。

取引価格が高額な場合もある

プロのブリーダーは、競りやペットショップに卸すことなく、個人のみに直接販売しているケースがあります。例えばドッグショーなどでチャンピオンになった犬や、血統を維持する場合に販売しているケースです。

この場合は、チャンピオンの血筋であることの印の入った血統書付きで、生まれてから母犬や兄弟姉妹とたくさんの経験を積んだ、健康で血統的にも優れた子犬が手に入る可能性がありますが、価格については、仲介業者を通さないのでペットショップよりも安い場合もありますし、ペットショップの数倍の金額で販売されることもあります。

悪質ブリーダーの見分け方は?

中には悪質なブリーダーもいます。ブリーダーから直接子犬を飼いたい場合は、悪質ブリーダーがどのようなものなのかを知っておく必要があるでしょう。動物取扱業の登録番号を施設に掲示していない場合や、登録番号を聞いても教えてくれない場合は悪質ブリーダーです。

ペットに関する必要な専門知識

病気、しつけ、食事などペットに関する専門知識を持っていないブリーダーは信頼できないのは当然です。ブリーダーから犬を飼いたいときは、犬種の特徴を把握したプロのブリーダーから購入しましょう。

他に飼育されている犬の状態

見学に行って子犬を見せてもらった時、施設の中に飼育されている母犬や兄弟姉妹、それ以外の犬達も見せてもらえる場合は、どんな健康状態かを見て見ると良いでしょう。ケージの中にたくさんの異なる犬種がいたり、犬達が押し込められているような施設や犬達がひっきりなしに吠え続けている施設では、悪質ブリーダーの可能性が高いです。

飼育している環境

ブリーダーの中には、子犬達のワクチンが済んでいない状況で、既に犬と暮らしている人が見学に来る可能性から、子犬や母犬が人間を介した犬の感染症にかかることを恐れて、見学を断っている人もいるので、飼育している環境を見せないから悪質なブリーダーとはいえません。

ただし、子犬達が過ごしている部屋があまりに臭い、汚い、数え切れないほどの犬種や子犬がいる施設では、子犬を1頭1頭大切に育てているブリーダーではありません。

接客の対応や態度

ブリーダーは子犬の将来を本当に考えているのなら、接客時に押し売りのような態度は取らないでしょう。本当に子犬のためを思うなら、犬を飼ったことがあるか、どんなところに住んでいるのか、お留守番は多いのか、先住犬はいるのかなど、色んな質問をしてくるはずです。

購入後の対応方針

子犬の購入後に、優良なブリーダーはしつけや健康のことで相談すると、親身になってアドバイスしてくれるはずです。

ブリーダーから犬を飼う場合の流れは?


ブリーダーから直接子犬を飼いたい場合の流れは以下の通りです。

インターネットで希望犬種の検索をする

まずはインターネットでブリーダーを探してみましょう。犬種、血統、価格、フィーリングなど気に入ったブリーダーをいくつか見つけて候補を挙げておきましょう。

ブリーダーに問い合わせし、訪問予約をする

気に入ったブリーダーを見つけたら、問い合わせをして、見学させてもらう約束をしましょう。絶対に訪問は受け付けないという場合は、悪質ブリーダーですので、他を探してください。

ブリーダーの元へ訪問し、検討をする

ブリーダーのところへ行って直接合って、母犬や子犬達の生育状況や今後の繁殖計画、気になっていることを質問して、子犬を飼うか検討しましょう。優良ブリーダーは、次の繁殖で生まれた子犬の予約までいっぱいの場合やキャンセル待ちを受け付けている場合もあります。※ブリーダーによっては一時予約金を請求するブリーダーもいます。

常に大量に子犬が出続けるブリーダーは、繁殖犬が大量にいて、犬の管理がきちんとできていない悪質ブリーダーの場合もあるので、質問をして疑問を解決していくことをおすすめします。

契約と支払い手続きをする

日本では犬の販売は現物確認と対面販売が義務付けられており、さらに生後49日以降の子犬しか販売してはいけないことが法律で定められているので、それまでは約束や予約にしか過ぎません。生後49日以降に契約をすることができ、犬に関する説明を受けて、その後支払いを行います。

犬を受け取る

現物確認、対面販売、対面説明を受けて、子犬の引き渡しが行われ、犬を受け取って、晴れて自分の飼い犬となります。事前に子犬の食べているドッグフードの用意が必要ですし、その他にも、ケージ、寝床、トイレ、ペットシーツ、食器、首輪、リード、おもちゃ、ブラッシング用品などの準備が必要です。

まとめ

ペットショップと比較すると、ブリーダーから犬を飼うと、子犬がどんな犬だったのかどんな両親から生まれたのかがわかるといったたくさんのメリットもありますが、悪質なブリーダーの場合は詐欺まがいのようなトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

悪質ブリーダーと関わることがないように、しっかりと良いブリーダーさんかどうかを見極めることが大切です。