atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬の食糞の原因・防止策まとめ!パイナップルがいいって本当?

ペット博士
ダフくんは自分のうんちを食べてしまったことはありますか?
ダフくん
ないですよ!ただ、小さな頃は覚えていないけど…
ペット博士
そうなんですね、成犬と子犬だとそれぞれ違う理由が考えられます。
ダフくん
そうなんだ!でも食糞してたら、やっぱり直したほうがいいよね…どうすればいいんだろう。
ペット博士
今回はそもそもの原因から食糞の対処法までわかりやすく解説していきますね!

犬が食糞をしてしまう原因

子犬・母犬が食糞する場合

母犬は、子犬の排泄を舐めることで促すため、母犬が食糞をすることは自然な行為です。むしろ、この行為を止めさせてしまうと子犬は自分で排泄ができないため命を落とす危険もあります。一方、子犬が食糞をする場合は、以下に挙げる3点の理由が考えられます。

・美味しいもの
消化器官が未発達の子犬の便は、栄養素が体内で吸収されないまま便として排泄されることがあります。そのため、子犬は便を「美味しいもの」と認識してしまうのです。

・空腹を満たすため
食事量が少ないと、空腹を満たすために栄養素が体内で吸収されなかった便を食べてしまうことがあります。

・興味と退屈
本来、母犬が舐めとってくれる便ですが、母犬と離れるのが早すぎることにより、興味と退屈から食糞をしてしまうことがあります。

成犬が食糞する場合

成犬が食糞をする場合は、以下の3点の理由が考えられます。

・退屈・暇である
1人でいる時間が長く運動不足や留守番が多いと、体力が余ってしまいます。そうなると、退屈や暇を紛らわすために便を口に入れて遊んでしまうことがあります。そのため、外出から帰った時に、便をかじった跡があったり便がバラバラになっていたら、暇つぶしで食糞をしていた可能性があります。

・飼い主さんにかまって欲しい
愛犬が食糞をすると、多くの飼い主さんが怒ったりびっくりして便を取り上げようとします。しかし、犬からすると「一緒に遊んでいる」という認識になってしまいがちなのです。また、急いで取り上げることで、「便は良いものなんだ。それなら飼い主さんには渡さない!」などと認識しています。つまり、飼い主さんにかまって欲しいとい思いから、食糞をしてしまうのです。

・フードとの相性が悪い
ドッグフードとの相性が悪いと、未消化のまま便として排出されることがあります。そのため、子犬の時と同様で便が「美味しいもの」という認識になってしまうことがあります。

老犬が食糞する場合

老犬が食糞をしてしまう場合、認知症の可能性があります。今まで食糞をしたことがなかったのに高齢になってからするようになった場合、認知症が原因の可能性があります。

犬の食糞を解決するためには

ドッグフードの量、種類を変更する

食糞をしてしまう理由の1つであるドッグフードや給餌量を変更することで、食糞を止めさせることができます。

例えば、ドッグフードを変えたことにより食糞をしてしまったら、元のフードに戻しましょう。また、ドッグフードに使用されている原材料が粗悪なものであると、未消化で吸収されないことが多く食糞をしてしまうことがあります。そのため、安すぎるフードは敬遠するようにしましょう。その他、給餌量が少ないと、空腹を満たすために食糞をしてしまうので、給餌量を変えてみるのも良いでしょう。

食糞をしても騒がない、叱らない

飼い主さんの気を引くためにわざと食糞をしている場合、叱ることで「一緒に遊んでもらってる」と認識してしまいます。また、過去に食糞をしてひどく叱ったことがあると、「もう怒られたくない」という想いから食糞をしてしまうことがあります。そのため、愛犬が食糞をしても騒いだり叱らないようすることが効果的です。

おすわり等のしつけを徹底的に行う

愛犬が便に近づいた瞬間に、愛犬の名前を呼びアイコンタクトを取ります。その後、飼い主さんの方を向いたら、「オスワリ」覚えさせましょう。そして、オスワリができたらご褒美をあげます。この行動を繰り返すことで、アイコンタクト・オスワリを教えることができるだけでなく、食糞への興味もなくなります。

犬の食糞に関する疑問点

食糞防止の食材はあまり効果なし

キャベツ・パイナップル・ヨーグルト・ズッキーニを食べさせることで、食糞を防止することができると言われていますが、実際のところあまり効果はありません。むしろ、消化不良やアレルギーを引き起こす可能性もあるので、出来れば避けた方が賢明です。

原因によってはサプリでの改善なし

ビタミンB・ビタミンK・消化酵素・乳酸菌がなどが配合されているサプリメントであれば、食糞が改善されることもありますが、食糞自体がその子の性格や本能で行っているものであれば、サプリメントを使用しても効果はありません。そのため、使用する際は何が原因で食糞をしてしまのかを考えてから使用するようにしましょう。

まとめ

母犬が子犬の便を舐めとるように、食糞自体は犬にとって自然なことです。しかし、人間社会で生活をする上で、食糞は止めさせたい問題行動のひとつでもあります。もし、愛犬が食糞をするようになってしまったら、まずは原因を探りましょう。その上で、愛犬とコミュニケーションを取りながら食糞防止に努めることで、お互いの信頼関係が増し食糞を止めさせる行動に繋がります。