atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬の睡眠時間は人間よりも長め!犬の年齢や、犬種による違いはある?

犬は日中寝て過ごすことが多く、さらに夜も睡眠を取ることから、人間よりも睡眠時間が長めです。子犬や高齢犬はより長く睡眠時間を取るため、1日の半分以上寝ていることになります。

それでは、犬は実際に1日のうちどれくらい寝ているのでしょうか?今回は、年齢や犬種による睡眠時間の違いについてご紹介していきます

犬の睡眠時間はなぜ長いの?


犬の睡眠時間は人間よりも長く、12〜15時間以上の睡眠を取っているといわれていますが、この犬の長い睡眠時間には理由があるのです。

狩りをしていた時代の習慣の残り

犬の祖先はオオカミといわれています。オオカミは夜行性で、暗くなってから狩を行って獲物を捕らえて食事をしていました。獲物を追いかけるには、体力と瞬発力が必要で、体力を温存するために昼間は睡眠を取り、狩に備える習慣が本能的に残っているため、犬の睡眠時間は長いとされています。

しかし、犬はいつもぐっすりと寝ているわけではありません。本能の名残から、いつ外敵から襲われても逃げられるように、睡眠時間のうちのほとんどが浅い眠りの「レム睡眠」の状態で、深く熟睡している眠りの「ノンレム睡眠」の時間の割合はごくわずかとなり、レム睡眠とノンレム睡眠の状態を繰り返して眠っています。

長すぎる場合は病気やストレスかも

犬の睡眠時間が人間よりも長いのは間違いありません。しかし、愛犬の眠っている時間があまりにも長すぎる場合は、糖尿病など代謝に関わる内分泌系の病気や感染症、睡眠障害、怪我、その他何らかの病気やストレスを抱えているケースもあるので注意して観察しましょう。

犬の年齢による違いはあるの?


犬が1日の睡眠に費やす時間は、子犬や高齢犬が成犬よりもさらに多くの時間を使うため、犬の年齢によって睡眠時間が異なるといえます。

大学の調査だと平均10.6時間

アメリカの大学による過去の調査では、犬の全犬種における平均睡眠時間は10.6時間とされていました。しかし、最近では、犬の成犬の平均睡眠時間は12〜15時間といわれています。

幼犬や老犬は睡眠時間が長め

生まれたばかりの子犬は、1日のほとんどを寝て過ごし、母犬の授乳の時間と排泄の時間が過ぎれば、また眠る行動を繰り返して成長していきます。離乳が終わって運動量が増え始めた幼犬は、周りのさまざまなものに興味持ち、兄弟と遊んで過ごす時間が増えるので、体力を回復するためにたくさんの睡眠時間が必要となります。

さらに、体力が低下した高齢犬は、関節のこわばりやからだの不調から、体力を回復させようと睡眠時間を多く取るため、日常における必要な動作以外は寝ていることが多いです。

柴犬やダックス、チワワなど犬種の差

ペットの犬は人間とともに暮らしています。このため、各家庭の生活環境によっても犬の睡眠時間は変わります。さらに牧羊犬、猟犬などのルーツを持つ犬種では睡眠時間が短い傾向があります。

一般には大きい犬種は睡眠時間が長く、小さい犬種は睡眠時間が短い傾向があり、チワワは9〜10.6時間程度、ダックスは10〜11時間程度、柴犬は9時〜10時間程度といわれていますが、個体差があるので、あくまで平均時間となります。

良い睡眠時間をとらせるには?


愛犬に質の高い良い睡眠時間を取らせるには、まずできるだけ起こさない、そして犬を不安にさせないようにすることです。愛犬はゆっくりと安心して眠ることで、犬のからだと心を回復させます。

犬にしっかりと運動をさせる

ぐっすりと良い睡眠時間をとらせるためには、毎日十分な運動をさせてあげましょう。しっかりと運動してストレスを発散して疲れることで、睡眠時間の質と量を増やすことができます。

学習させる時間を設ける

運動させる他に、犬の頭を使わせて(学習させて)疲れさせるという方法もあります。犬に学習する時間を与えることで、考え、ワクワクさせ、嬉しい、楽しいと思わせることで犬は疲れてぐっすりと眠ることができるでしょう。

学習させる方法は、飼い主さんとの遊びや、トレーニング、かくれんぼ、ボール投げ、人間とのコミュニケーションの他にも、犬同士の遊びでも構いません。楽しい学習が、嫌な学習にならないように短時間で切り上げることが大切です。

飼い主とのパートナーシップも大切

学習にも繋がりますが、飼い主さんと愛犬とのパートナーシップも、犬の睡眠時間にとても重要な役割を持ちます。まず飼い主さんと触れ合うことで犬が精神的に安心して、睡眠中に急に警戒や不安から起きて興奮をするといった熟睡できない状況を減らすことができます。日頃から、愛犬との信頼関係を築いておきましょう。

まとめ

愛犬がぐっすり眠れているということは、健康のバロメーターともいえます。ぐっすり眠れない場合には、愛犬の健康や飼育環境に問題があるのかもしれません。温度や湿度、騒音、明るさといった環境も犬にストレスがかかる原因となるので、気になる方は見直してみることをおすすめします。

愛犬の睡眠時間を多く取らせてあげることが、心とからだの回復となり、毎日元気一杯に過ごすことができるのです。