atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬がおならをするって本当?くさい場合は危険?原因と対策を解説!

犬のお尻から「ぷう」という音がして「犬もおならをするの!」とびっくりしたことがある方もいるかもしれません。犬自身も自分のおならにびっくりしていることがありますよね。

犬もおならをします。健康状態がいい場合のおならは生理現象なので問題ありませんが、急に匂いがきつくなったり、頻繁におならをするようになったりしたら、病気や体調不良の可能性が高くなります。

問題のないおなら、気を付けたほうがいいおならとその対策など、犬のおならについて解説します。

犬もおならするの?

人と同じように犬もおならをします。おならをするのは人も人間も自然なことです。

愛犬だっておならはする

愛犬ももちろんおならをします。口から入った空気と、腸の中で食べ物が分解されるときに発生するガスがおならの正体です。
これは人も犬も同じメカニズムです。食べたものや体調によって、おならがたくさん出る時、匂いがきつい時があるのも同じです。

おならをさせない対策は健康に悪影響も

「犬におならをさせたくない」「我慢させたい」ということはよくありません。
人間もおならを我慢しているとお腹が痛くなったり、苦しくなったりしますよね。犬に苦痛を与えることになり、健康にも悪影響があります。出したいときに出させてあげましょう。

犬のおならの原因は?


いつもおならがよく出る、または急におならが増えた、くさいというときは、次のような原因が考えられます。

食べ物

いつもより繊維質のものを多く食べた、乳製品を多く食べたというときは、腸内細菌の活動が活発になりいつもより多くのガスが発生します。

さつまいもをたくさん食べさせてしまった、大豆など豆類や、繊維質豊富なキャベツが入った食事を与えた時や、牛乳をたくさん飲んだというときなどは特にガスが多くなります。

フードをいきなり変えた時も、おならが多くでることがありますよ。フードを変える時は、今までのフードに少しずつ加え、だんだん新しいフードにしていくようにしましょう
おならが増えた時は、まず犬の食事を見直してみてください。

早食い

勢いよく食べ過ぎてしまう子、いつも食欲旺盛な子は、フードだけでなく空気も一緒にたくさん飲んでしまいます。その空気は胃腸にたまっていきます。そして肛門からおならとなって出ていきます。

老化

犬もシニアに差しかかると、足腰がだんだん弱っていくようにお腹の動きも弱くなってきます。また、かみ砕く力も衰えてくるので、フード丸のみしてしまうこともあります。

そうなると今まではなんでもなかったフードが、あまり消化しにくくなってしまいます。その結果、腸の中には悪玉菌が増えておならがよくでるようになります。

ストレス

犬もストレスを感じると、胃腸の働きが弱まり消化能力も低下します。そのため腸内に消化不良の食べものが溜まる時間が増えて、ガスが発生しやたらとおならをするようになります。

年齢も若く、食事内容に問題もないのに急におならが増えた時は、愛犬にストレスがないか環境を見直してあげましょう。

おならが出やすい犬種や体型は?


犬種や体型によっておならが出やすくなることがあります。太りすぎの犬は動物病院を受診して、ダイエットの指導を受けるといいですね。

鼻がつぶれている短頭種の犬

犬種でいうと、パグ・フレンチブルドッグ・ボストンテリア・狆(ちん)など鼻がつぶれている短頭種の犬は、口呼吸になりがちです。口から入る空気は、鼻から入る空気より多くおならが出やすいのです。

太りすぎている犬

肥満傾向のある犬も、口呼吸になりがちです。ハアハアという呼吸が多くなるためで、口から入った余分な空気がおならとなって肛門から多くでるようになります。

おならは病気の可能性はある?

生理現象のおならならいいのですが、おならによっては病気の可能性もあります。
たとえば、「急におならの匂いがきつくなった」「回数が増えた」「音が大きくなった」など今までと違うときは、要注意です。動物病院を受診しましょう。

下痢や嘔吐の症状がある場合

下痢や嘔吐があるときのおならは食べ過ぎなどのほか、誤飲や誤食、細菌やウィルス感染なども考えられます。また腸内のガンでも食欲不振や下痢・嘔吐などのほか、おならが症状として出ることがあります。下痢や嘔吐があるときは、早めに動物病院を受診しましょう。

おならの頻度が通常より多い場合

おならが増えている時は、胃腸にいつもよりたくさんガスが溜まっています。消化不良を起こしているほか、体のどこかに痛みがあって、ハアハアという短くて早い「パンティング」という口呼吸をしていることがあります。

お腹の具合だけではないこともあるので、おならの頻度が急に増えたときも早めに動物病院を受診しましょう。

おならがくさい・硫黄の臭いの場合

いつもよりおならがくさい、硫黄のような臭いがするときは、腸に炎症が起きていることがあります。例えば「炎症性腸疾患」という原因不明の病気では、おならがくさくなるという症状がでます。

また犬の大腸ガンなど、腸内に腫瘍ができた場合でもおならがくさくなり、さらに回数も増えることがあります。おならがひどくくさい時も、動物病院で診察してもらいましょう。

愛犬のおなら対策はどうする?


病気ではないけれど、おならがよく出る愛犬にはおなら対策をしてあげましょう。

食事回数や内容の変更

勢いよく食べ過ぎてしまう愛犬には、食事回数を増やしてみてください。また、早食い防止の食器が市販されているので、試してみてもいいですね。ドッグフードをふやかすと舌で舐めながら食べるので早食い予防になり、おならを減らすことができます。

フードやおやつの内容も見直してみましょう。食物繊維が多かった場合は減らす、年齢やステージにあったフードに少しずつ変更する、などを試してみましょう。牛乳を飲んでいた愛犬は、犬用のミルクに切り替えてみてください。

肛門腺を絞る

肛門腺は、犬の肛門の左右にある「臭腺」です。袋状になっているため、肛門腺には臭いのある分泌物が溜まっています。おならがくさい時は、肛門腺の分泌物の臭いである場合があります。

シャンプーの時など定期的に肛門腺を絞って、分泌物を出してあげましょう。犬によって溜まりやすさが異なるので、愛犬にあったペースで行います。上手にできないときは、獣医さんやトリマーさんに相談してみましょう。

適度な運動

運動不足は、腸の動きを鈍らせてしまいます。その結果おならも増えてしまうので、適度な運動は欠かせません。さらに運動はストレス解消にもなります。

いままでより散歩の時間を増やす、一緒に遊ぶ時間を増やすなどして適度な運動をしましょう。シニア犬で歩けない場合は、無理のない程度で足を動かしてあげたり、全身、とくにお腹周りを優しくマッサージしたりしてあげましょう。

まとめ

時々出るおならなら、生理現象なので心配はありません。また食事内容によっては、多少くさいこともあります。おならがやたらと出るという愛犬は、食事内容や回数、環境などを見直してみてください。

しかし「いつもより急に回数が増えた」「臭いがきつい」「音も大きい」「食欲不振や下痢・嘔吐を伴う」「口呼吸をしている」という場合はなんらかの病気にかかっていることも考えられます。早めに動物病院で診察を受けましょう。