atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬の血液型、実はとても多い!輸血時の注意点や種類・特徴のまとめ

犬の血液型の種類はなんと10種類以上あり、人間に比べると血液型の種類が多いです。犬の輸血を行う際には、どんなことに注意するべきかをご紹介します。

犬の血液型の特徴とは?


犬も人間と同じく血液型があります。犬が病気や事故にあったとき、出産や手術を行うときに輸血が必要になる場合があります。犬の血液型は人間に比べて種類が多く、さまざまな特徴があります。

犬の血液型は「DEA式」

人間はABO式という血液型の分類を行いますが、犬は「DEA式」という方法で血液型の分類を行います。DEA式とはDog Erythrocyte Antigensの略で、犬赤血球抗原の種類によって血液型を分類する方法のことです。

DEA式による犬の血液型の種類は、10種類以上といわれています。日本では国際基準であるDEA1.1、1.2、1.3、3、4、5、6、7、8、の9種類を採用しています。犬の血液型は現在も研究段階で、明確な型の数はまだ解明されていません。

犬は複数の血液型が並存している

人間と犬の血液型の異なる特徴に、犬は複数の血液型が並存していることが挙げられます。人間の場合、A型、B型、AB型、O型と基本的な分類を行いますが、A、B、AB、O型が全て混ざった血液型はありません。しかし、犬は9種類のうち、複数の血液型が含まれる血液を持っているのです。

特定犬種で多い血液型がある

犬の血液型は、種類の多さと組み合わせの多さが特徴です。近年も新しい型の血液型が発見されるなど、犬の血液についてまだ全てが解析されている訳ではありません。しかし、ある特定の犬種では同じ血液型を保有している場合があり、犬種によっては、それぞれの型の保有する割合に同じ傾向があるといえます。

血液型と犬の性格は関係ない

人間には血液型によって性格に傾向があるといわれていますが、犬の場合は血液型と性格の関係性はありません。犬は血液型が並存し、型の種類が多く、全く同じ組み合わせの血液型を持つ犬をみつけ出すことは難しいでしょう。

それよりも犬の性格には、犬種ごとに持つ犬の特性や生活環境が強く表れているので血液型と性格との関係性はないといえるでしょう。

犬の血液型を調べたい時は?


犬の血液型を調べておきたい、という飼い主さんは動物病院で調べてもらうことが可能です。外出時やかかりつけの病院で受診できない場合といった場合に、輸血が必要になるような不測の事態が起こったときにも、血液型がわかっていると役に立つ場合もあります。

かかりつけの動物病院に相談を

愛犬の血液型を知りたい場合は、かかりつけの動物病院で相談してみてください。獣医師による血液型の検査を受けることができます。

輸血時の注意点はあるの?

輸血時は、副作用をできるだけ抑えるために、輸血を行う犬と、輸血を提供する犬(供血犬)の適合判定を行う必要があります。また、供血犬には、感染症や病気がなく、健康な状態であることを把握できている犬を使用することが望ましいです。

拒絶反応が起こることがある

血液型の異なるタイプの血液の輸血を行うと、犬のからだが拒絶反応を示す場合があります。これを抗原抗体反応といいます。1度目の輸血が成功しても、同じ供血犬からの2回目の輸血で拒絶反応が起こるケースもあります。

さらに1度供血をした犬は、3週間以上は次の採血を行うことができないため、拒絶反応の危険と供血犬・輸血の確保は、病気を抱える犬とって悩ましい問題となります。

DEA1.1の有無を調べることが必要

拒絶反応(抗原抗体反応)が強く見られる血液型は、DEA1.1といわれています。犬の輸血を行う際に注意することは、愛犬が「DEA1.1」を持っているのか、「DEA1.1」を持っている場合は「+(陽性)」「−(陰性)」なのかを確認することです。

「DEA1.1」は輸血時に、一番激しい抗原抗体反応を起こす可能性があります。例えば、輸血を受ける犬がDEA1.1−(陰性)の場合、DEA1.1+(陽性)を含む血液は急性溶血反応(ショック、血管内凝固症候群、急性腎不全など)という拒絶反応が起こる危険があるため輸血することはできません。

万が一に備えて事前に調べておこう

万が一の事態に備えて、愛犬の命を守るためにも、血液型を調べておくことをおすすめします。愛犬が「DEA1.1」の型を持っているのか、もっていないのか、−(陰性)なのか+(陽性)なのかを把握しておくだけで、一刻を争う緊急の手術を受けることになった場合でも、副作用のリスクを減らして手術を受けることができます。

さらには、血液型を把握しておくことで、繁殖・出産時に子犬の「新生児溶血」リスクを下げることができます。新生児溶血は、生まれたばかりの子犬が母親の母乳に含まれる抗体を飲むことで、子犬自身の赤血球を攻撃し壊してしまう病気です。

出産をする母犬がDEA1.1−(陰性)で父犬がDEA1.1+(陽性)のケースで発生する可能性があります。母犬がDEA1.1−(陰性)だとわかっていれば、出産後、初乳や母乳を飲ませることなく、人工哺乳を行うことで、この病気を防ぐことができます。

まとめ

犬の血液型は人間に比べると非常に型の数が多いところが特徴です。特に気をつけるべき血液型は「DEA1.1」型です。万が一の事態に輸血が必要になった場合に、犬の拒絶反応のリスクを下げるためにも、愛犬の血液型を一度確認しておくとよいでしょう。