atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬が血便でも慌てないで!血便の3パターンと、下痢や嘔吐がある場合

犬にとって排便は健康のバロメーターです。犬が血便をした時にこそ慌てずに対処できるようになれるといいですよね。ここでは犬の血便の3パターンと、下痢や嘔吐がある場合の対処法についてお話します。

犬の血便って大丈夫なの?


便の状態は犬の健康状態を判断するために大事な項目です。便に血が混じっていたり、排便後に血が出るなどの症状が見られる場合は、一度動物病院を受診したほうが良いです。

すぐに命に関わる病気は少ないものの、出血があるということは何かしら体に異常があることが考えられます。単純に便秘などにより切れ痔で食事内容の変更などで完治することもありますが、腫瘍や腸炎等の消化器疾患の場合、長期的な治療や外科手術を必要とする可能性もあります。

まずは動物病院で検査を行い、原因の究明を行いましょう。

まずは慌てずに便を観察

犬が血便をした時は慌てて捨てたりせずに便を観察しましょう。血がどんな状態でついているのかも重要ですので、不要な割り箸などを使用して便の中身も観察します。

まずは便の硬さです。形のある便なのか、いつもより柔らかい、べちゃべちゃ、水様、粘膜便かどうかです。次は、付着した血の色です。鮮やかな赤、茶色、黒などです。血の色により出血部位を特定できることがあるためしっかり観察します。

血便をした時間や、回数などもメモに取るなどして動物病院を受診する際に獣医師に伝えましょう。便を持参するとすぐに便検査を行えるので持参できるのであれば持っていくのが良いですが、便をしてから時間が経ってしまう場合は写真にとるなどしましょう。

犬自体の様子もしっかりと確認を

便の状態をじっくり観察することは重要な項目ですが、犬自体の様子を観察することもとても重要です。元気があるか、食欲はあるか、便だけでなく尿の状態はどうか、血便以外に嘔吐などの症状はないか、最近変わった様子はないかなど思い起こしてみましょう。

血便にはどんな種類がある?

血便には3パターンあります。血便の種類によって原因や治療法が異なります。犬の血便がどの種類になるのかみてみましょう。

便の外に鮮血が付いている

便の外に鮮血がついている場合は大腸(盲腸、結腸、直腸)、肛門などからの出血が考えられます。血の色が鮮やかなのは出血してからあまり時間が経っていないことが考えられます。まれに、メス犬では発情出血の際の血が付着し血便だと間違えることもあります。

便の内・外に鮮血が付いている

血便には便の中・外に鮮血がついている事もあります。便の中に鮮血がついている場合は便の形成時に出血している可能性がありますので小腸(十二指腸、空腸、回腸)などの出血が考えられます。しかし、血が鮮やかなのであれば、大腸よりの部分からの出血の可能性が高いでしょう。

便の色が黒い(タール状)

便の色が黒いタール便の場合は胃や小腸など消化器系の上部からの出血が考えられます。出血してから時間が経っていることや出血量も多いことが考えられるため、早く動物病院を受診することをおすすめします。

下痢や嘔吐がある時は?


犬が血便をしているだけでも飼い主さんは慌ててしまいますが、他にも下痢や嘔吐などの症状が見られる場合は、出来るだけ早く動物病院を受診したほうが良いでしょう。特に嘔吐や下痢の症状は体の水分や体力を激しく消耗してしまいます。

さらに出血量が多くなると貧血や脱水などの症状を引き起こすことがあります。最悪長期の入院や症状が出ているのにもかかわらず自宅で様子を見てしまうと死に至る可能性もありますので、迅速な対応が求められます。

ウイルス等の可能性も!すぐに病院へ

血便、下痢、嘔吐が見られる場合はウイルス感染の可能性が考えられます。ウイルス感染の場合、他の同居犬に感染してしまったり、病状が急速に進行することもありますので注意が必要です。特に幼犬、老犬では免疫力も低下しているため症状が悪化しやすく、様子を見ずにすぐに動物病院を受診しましょう。
 

血便を防ぐためには?


犬の血便は肛門の切れ痔などの軽い症状から、消化器からの出血などの重い症状まで様々です。ここでは血便を防ぐための対処法についてご紹介します。

食べ物に気を付ける

血便を防ぐためには腸内環境を整えることが重要です。そのため食べ物には十分に気をつけましょう。犬には犬専用の食べ物を与える他にも新鮮な物を与えます。

夏場は特に食べ残しをそのままにしないで食べないのであればすぐに片付けましょう。特に人間の食べ物には気をつけましょう。

コンビニで購入した食べ物を後ほど処理しようと思いバックや部屋に置いた結果、誤って犬が食べてしまいそこから腸炎などの病気を引き起こすこともあります。犬が口にするものは常に新鮮なものを与えるようにしましょう。

ワクチン等の寄生虫対策を行う

犬には混同ワクチンなどの予防接種や犬回虫、鈎虫などの内部寄生虫への対策を行いましょう。混合ワクチンにはウイルス性の腸内疾患パルボウイルス感染症を予防できるワクチンが含まれています。

しっかり予防接種を行うことで、感染を防げたり、万が一感染した時に症状が軽く済むことがあります。寄生虫対策では外部寄生虫は犬の体の外に感染しますが、内部寄生虫は腸内に感染します。腸内を傷つけることで下痢や嘔吐、血便を引き起こします。しっかり予防を行いましょう。

ストレスが原因になっていることも

人間もストレスで下痢などの消化器疾患を引き起こしますが、犬でも同様の症状が見られます。飼い主さんの生活環境が変わった、同居犬が増えた、運動不足など心当たりはありませんか。

犬はストレスを感じると腸内環境のバランスが崩れ、消化器症状、免疫力の低下、皮膚疾患などを引き起こしますので、犬の様子を観察し、運動量を増やしたり、マッサージを行いリラックスできる環境を作ってあげましょう。

まとめ

 ここでは犬の血便の3パターンと、下痢や嘔吐がある場合の対処法についてお話しました。犬が血便を起こすと慌ててしまいがちですが、冷静に対処することが重要です。血便などの消化器疾患は早く治療を行うことで治療期間も短くなります。血便を起こした場合は出来るだけ早く動物病院を受診しましょう。