atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬のしっぽの動きで気持ちがわかる!?丸めている時や振らない時は?

犬のしっぽを見ていると様々な動きをしていますよね。大きくブンブン振ったり、しっぽを丸めてしまったり、また、大きくピンと伸ばしている姿など目にしたことはありませんか。

犬の尻尾の動きは犬の感情を表していると言われていて、表情だけでは表すことのできない気持ちを表現しています。ここでは、しっぽの動きで犬がどんなことを感じているのかご紹介します。

犬のしっぽの役割は?


 犬のしっぽの動きは感情表現の一種ですが、他にはどんな役割があるのでしょうか。犬のしっぽには実はいくつかの役割があります。ここではしっぽの役割についてご紹介します。

体のバランスを保つため

犬のしっぽは感情表現だけでなく体のバランスを保つためなどの役割もあります。走っている時に方向転換をするためにも使われていて、バランスよくまっすぐ歩くためにも重要な役割を持っているのです。

体の体温を守るため

 犬のしっぽには体の体温を逃さないよう体に閉じ込めておくためにも重要です。寒い日などに犬が丸くなって寝ている姿を目にしたことはありませんか。その際に尻尾も丸め顔にかかるようにし、マフラーのように使っています。

 この尻尾の使い方はしっぽが長い犬種特有になるので、しっぽのない犬種や短い犬種はできない体温を守るための方法です。

コミュニケーションを取るため

 犬のしっぽはコミュニケーションをとるためにも使われています。嬉しい、楽しい、悲しい、怒っているなどの自分の感情を表すだけでなく、相手を警戒している際に尻尾を高くあげたり、敵意はないという意思を示すためにお腹を見せ尻尾をお腹にまいたりします。これは人間同士だけでなく、犬同士でも使われているコミュニケーション方法です。

犬のしっぽの動きで感情がわかる?


 犬のしっぽにはいろんな役割がありますが、しっぽの動きで今の犬の感情を読み解くことができます。

素早く左右に振っている

 素早く左右にしっぽを振っているのは犬が興奮状態なのを表しています。激しく振れば振るほど興奮していることが感じ取れます。この行動は嬉しい、楽しいなどの感情の際によく見られますが、逆の感情の際にも見られることがあります。

例えば、新しいおもちゃを出した時などに、「なんだこれ、よくわからないぞ!」としっぽを大きく左右に振りながらワンワンと吠えているなど、興奮しすぎると噛み付いたり飛びつくなどの行動を起こす可能性もありますので、犬の表情や性格などを踏まえて行動するようにしましょう。これ以上興奮させないよう静止させるといいかもしれません。

腰を据えて大きく降っている

 腰を据えてしっぽを大きく振っているのは犬が相手に対しての愛情や敬意を表しています。大好きな飼い主さんや大好きな犬や動物にあった時に見られます。しっぽの動きが激しければ激しいほど愛情や敬意が深いことになります。

水平にまっすぐ伸びている

 水平に真っすぐ伸びているのは何かに犬が注目しているのを表しています。何か気になっている時などによく見られていて、この時点では敵意や攻撃性はありません。なんだろう時になっている段階ですので、攻撃性がある犬はこの姿が見られた時に飼い主さんも少し警戒したほうがいいでしょう。

斜め上に向いている

 しっぽが斜め上に向いているのは自分の優位性を表しています。自分のほうが順位が高いというアピールでもあります。

下に垂れた状態でゆっくり揺れている

 しっぽが下に垂れた状態でゆっくり揺れているのは犬が何かを警戒していたり、不安や不快感などを感じているのを表しています。警戒から攻撃態勢に切り替わる可能性もありますので、飼い主さんも警戒しましょう。

丸めている

 しっぽを丸めている状態は犬が恐怖を感じているのを表しています。しっぽを丸めることで自分の体を小さく見せて自分は何もしませんよ、というアピールでもあります。しかし、中には恐怖を感じているため、その状態のまま触ろうとすると噛み付いてくるなどの攻撃をしてくることもあります。

犬がしっぽを振らない時の理由は?

犬がしっぽを振らないのにはいくつか理由があり、脱臼や怪我などの理由で振れないこともあります。犬が今までしっぽを振っていたのに急にふらない場合はしっぽを観察し、怪我や脱臼・骨折などを起こしていないか観察しましょう。

他にも、犬が今は振る必要がないと感じている際も振りませんが、しっぽをふる以外にも感情を表現できる犬はしっぽを振らないこともあります。

犬はしっぽを触れるのは嫌い?

犬はしっぽを触られるのが嫌い・苦手な動物です。しっぽはとても敏感な部位で犬の弱点となる部位なので、掴まれたり引っ張られると怒ることもあります。日々のシャンプーや肛門腺絞りなどで普段から触っている犬は触られることに慣れていることもありますが、基本的には触られるのは苦手な部位なので初めてあった犬などのしっぽなどを触るのはやめたほうがいいでしょう。

犬がしっぽを追いかけたり、噛む理由は?


犬が尻尾を追いかけていたり、噛んでいる姿を見たことはありませんか。始めはぐるぐる見て可愛いなんて思うこともあるかもしれませんが、しっぽを激しく噛んでしまうと出血や化膿などを起こす可能性もあります。犬が尻尾を追いかけたり、噛む理由についてご紹介します。

不快感を感じている可能性

犬が自分のしっぽを追いかけている、噛む場合は、犬が何らかの不快感を感じている可能性が高いです。最近生活が変わった、同居犬が増えたなどの変化があった場合に不快感を感じているけれど、どうやって飼い主さんに伝えればいいかわからないときなどにしっぽを追いかけるなど行動が見られます。

ストレスの可能性も

犬がしっぽを追いかける、噛む場合は不快感を感じている以外にもストレスの可能性もあります。特にストレスの場合はしっぽをかみ続けてしまい、断尾しなくてはいけなくなることもあります。尻尾を噛んでいる場合はどんどん悪化してしまうため早めに動物病院に相談し治療を行いましょう。

その他の理由

飼い主さんの気を引きたいために起こしていることもあります。しっぽを追いかけた時に飼い主さんが過剰に反応してしまうと犬が「飼い主さんが喜んでくれた」と感じて何度も繰り返してしまいます。愛犬とのコミュニケーションの回数を増やしてあげましょう。

まとめ

ここではしっぽの動きで犬がどんなことを感じているのかご紹介しました。犬のしっぽの動きにはきちんと意味があり、喜怒哀楽を示しています。犬の感情は表情で読み取るのは難しいので、しっぽの動きで感じてあげると犬も飼い主さんもストレスが少ない生活を過ごせるでしょう。