atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬の爪切りの頻度は?爪切り方法や適切な長さ、血が出た時の対象法も

愛犬の爪切りは定期的に行っていますか?爪切りを嫌がる犬は多いです。爪が伸び過ぎると犬が怪我をしやすくなります。今回は犬の爪切りの方法と、もし爪を切りすぎて出血してしまった場合の対処方法、爪切りグッズについてご紹介していきます。

犬の爪切りを行う理由

犬の爪切りを行う理由
犬の爪切りは犬を飼育する上で必要なことです。犬の爪はどんどん伸びていきます。日頃、野山を駆け巡っている犬やお散歩の距離が長い犬の爪は自然に削れていきますが、室内犬の生活環境では自然に削れにくく、定期的な爪のお手入れが必要です。爪が伸びすぎると犬が折れるなど、怪我をする原因にもなりますし、犬が飛びついたときに人間の肌に擦れると引っかき傷ができたりミミズ腫れになったりすることもあります。

犬の爪はどんどん伸びていくため爪切りを行わないと巻き爪になって自分の皮膚に擦れる、しっかりと地面で肉球を捉えて爪で地面を蹴る動作ができず歩き方が不自然になる、転倒しやすくなるといった可能性が高くなります。こういった理由から人間と一緒に生活をする上では爪切りを行う必要があります。

犬の爪切りを行う頻度は?

爪切りの行う頻度は、愛犬の犬種や生活環境で異なります。目安としては2週間〜1ヶ月に1度の爪切りが必要になります。日頃たくさん走っている犬や、お散歩の距離が長い犬は自然に削れるので爪切りの頻度は少なくなります。

室内のフローリングで1日中過ごしている犬や、小型犬は自然に爪が削れにくいので爪切りの頻度は多くなります。フローリングの上を犬が歩いたときにカチャカチャと爪の音がする場合は伸びている目安となるため、爪切りを行いましょう。

犬の爪切りをする方法や爪の長さは?

犬の爪切りの頻度
ここからは犬の爪切りの方法についてご紹介していきます。

用意するものは爪切り・爪ヤスリ

犬の爪切りに必要な道具は「爪切り」と「爪ヤスリ」です。切りっぱなしにすると爪の角で家具、人間の皮膚、他の犬に傷がつくことがあるので、角を落としながら爪を切っていくか爪ヤスリで角を整えることがおすすめです。

「廣田工具製作所 ペット用つめ切り ネイルトリマー ZAN ギロチンタイプ 小型犬・中型犬用」

切れ味に定評のあるZanのギロチン型爪切りは、犬の爪切りグッズの中でも人気商品です。

「PETDIARY 電動爪トリマー 犬猫 ペット用 【2018年最新改良版】」

爪切りが苦手な犬、慣れない飼い主さんは、電動の爪ヤスリに当てるだけで簡単に犬の爪のお手入れができます。

「サンダーパウズ ペット用爪切りトリマー 中型犬/大型犬用 保護ガード 安全ロック 爪やすり付き」

ギロチン式やピコック式の爪切りは初心者の飼い主さんには扱いにくいですがニッパータイプなので握りバサミのように簡単に扱うことのできる爪切りです。

爪切りの手順

犬の爪切りの手順は下記の通りとなります。

  1. 切る爪の脚先をしっかりと抑えて爪の血管・神経の位置を目で見て確認する。
  2. 血管・神経が通っている手前までの位置で爪を切り落とす。
  3. 角ばった爪を切って丸くするか、爪ヤスリをかけて完成です。

犬の爪切りは非常によく切れます。血管や神経を傷つけてしまうと出血し、痛がる場合もあります。爪が透き通っている白い爪で、ピンク色の血管や神経が見える犬であれば、神経が来ている部分より手前に目安をつけておき、目安よりも切り過ぎないようにすれば出血する可能性を低くすることができます。

黒い爪の場合は確認できないので、先端から少しずつ切っていくと出血しにくいです。

噛むなどして嫌がる場合の押さえ方

爪切りに慣れていない犬、一度爪切りに失敗して神経を傷つけられたことのある犬、巻き爪になる程伸び過ぎた爪を動物病院で切ってもらった犬は、爪切りを見ただけで逃げようとする、暴れる、嫌がって噛むことなどが考えられます。

この場合は一人で抑えることが難しいため、獣医さんやトリマーさんに相談して切ってもらった方が犬にかかるストレスを短時間で終わらせることができるのでおすすめです。

長さは白い爪か黒い爪で変わる

白い爪の犬は血管や神経が確認しやすいので短くお手入れすることができます。黒い爪の犬は出血しないかドキドキしながら爪を切ることになりますが、慣れればカットできる位置の見当がつくようになります。安全のために黒い爪の飼い主さんは少し長めに切っている場合が多いです。

爪切りで血が出た時の対象法は?

犬の爪切りでの注意点
飼い主さんが自分で爪切りを行なっている場合、注意していても「あっ!」と切り過ぎてしまうことはあります。もし出血してしまった場合は犬に刺激や興奮を与えないように落ち着いて静かに対処をしましょう。

止血剤を利用する

出血してしまったら、コットンやガーゼ、ティッシュ、などに止血剤をつけ、そのまま患部を圧迫するとすぐに出血が止まります。止血剤やコットン、ガーゼがない場合は、家にあるティッシュやクッキングペーパーで代用できるので患部を圧迫して下さい。

おすすめの止血剤

爪の止血剤はもしもの出血のために常備しておくと安心です。
「文永堂薬品 クイックストップ 14g (動物用医薬品)」
爪の止血剤の定番ともいえる黄色い粉末タイプの製品です。

まとめ

犬は遊んでいるときは夢中になっているので、ベランダのデッキや、お庭の石、コンクリートなどで無意識に思わぬ動きをします。爪が伸びていると爪が挟まって折れてしまい激しい出血と痛みとで鳴き叫ぶことや、指が骨折する可能性もあります。

犬の爪は定期的にお手入れすることで怪我を防ぐことができます。爪が伸びるとフローリングに傷がつきやすくなるのでまめに爪切りを行うことをおすすめします。