atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬のいびきがうるさい原因と対処法は?いびきをかく犬種も紹介!

犬のいびきを聞いたことはありますか。犬も「スースー」といった可愛らしいいびきから、「ガーガー」という初めて聞いた時には驚くようないびきをすることがあります。ここでは犬のいびきがうるさい原因と対処法について、いびきをかく犬種もご紹介いたします。

犬のいびきの原因は?

犬のいびきは可愛らしい姿でも、苦しそうないびきは大丈夫かなと心配になってしまいます。実はいびきが病気のサインの事もあります。ここでは犬のいびきの原因についてご紹介します。

いびきは呼吸をしたときに起こります。空気を吸ったときに口や鼻から気管を通りますが、何らかの原因で気道が狭くなり、呼吸器を通る際に振動が起こりいびきが聞こえるようになります。

体型からくるいびき

犬のいびきには体型が原因の事もあり、ぽっちゃりした犬ほどいびきをかきやすいです。肥満になると、お腹周りだけでなく、首回りにも脂肪がつきます。首周りに脂肪がつくと気管などの呼吸器を圧迫し、気道が狭くなります。

そのため呼吸をするたびに振動が起こるいびきをするようになります。体型からくるいびきは気道が狭くなるだけでなく、胸周りなどにも脂肪がつくことで肺を圧迫するためさらに呼吸しづらい状況になります。

環境からくるいびき

環境からくるいびきの原因は、飼い主さんの生活スタイルや内服薬の種類などが関係してきます。飼い主さんの生活スタイルでは、犬のそばでの喫煙や不衛生な生活環境などが考えられます。飼い主さんが犬の近くでたばこを吸う事により犬の鼻や呼吸器系の粘膜が傷つき咳や鼻水などの症状が現れます。

不衛生な生活環境では犬の寝床の掃除不足によりホコリや抜けた被毛などがそのままの状態で放置されてしまうとそれにより呼吸器系の症状が現れるようになります。鼻水や呼吸器系の症状が見られると、健康な状態よりは呼吸がしづらくなるためいびきの症状が見られるようになります。

病気からくるいびき

病気からくるいびきでは、気管や喉、気管支などの病気が影響します。鼻水や咳などの軽い風邪のような病気から、気管虚脱、軟口蓋過長症などの病気が考えられます。アレルギーにより、鼻水がでることでいびきが起こることもあります。

気管虚脱では何らかの原因により気管の周りにある軟骨が潰れて気道が狭くなる病気です。気道が狭くなり呼吸がしづらくなるためいびきがうるさくなります。他にも、ガーガーという咳をしたり、喉を刺激したときに咳をする、運動を嫌がる、寝てもすぐ起きてしまうなどの症状が見られます。

治療には薬により症状を軽減させることはできますが、根本的な治療には外科手術が必要となると言われています。肥満犬や散歩時に首輪を引っ張る犬、老齢犬、タバコなどの環境、気管や気管支への炎症などが原因として考えられます。

軟口蓋過長症は犬の喉の奥にある軟口蓋が通常より伸びた状態により気道を塞いでしまう病気です。軟口蓋過長症はフレンチブルドックなどの短頭種に多く見られます。気道を塞いでしまうため、呼吸困難やチアノーゼ、運動を嫌がるなどの症状が見られます。治療には伸びている軟口蓋を切除する手術を行います。

犬のいびきの対処法は?

犬のいびきの対処法
犬が寝ているときいびきをしながら苦しそうにしていると、大丈夫かなと心配になってしまいますよね。いびきがあまりにひどいと犬もしっかり睡眠を取ることができなくなってしまいます。ここでは犬のいびきの対処法についてお話します。

寝るときの体勢を変える

寝る際にいびきがあまりにもひどいときは体勢を少し変えてみましょう。犬が呼吸しやすい体勢というのは犬が思うようにとって姿勢が一番ですので、体勢を少し変えてまたもとに戻るようであればそのままにしてあげましょう。犬が起きている状態ではお座りの姿勢が一番呼吸しやすいので、その姿勢に近づけるようにしてみるといいかもしれません。

散歩などでダイエットを行う

いびきの発生の要因の一つとして肥満もあります。首輪周りの脂肪や体の脂肪を減らすために散歩などの運動を取り入れることでダイエットをしてみましょう。肥満犬の場合は呼吸しづらい状態なのでウォーキングなど呼吸の苦しくならないような運動をしましょう。

ダイエットを行う場合は食事量や運動量など一度動物病院に相談して方ダイエットプランを検討するようにするとより効果的です。

環境を整えるために空気清浄機を用意

タバコやホコリ、被毛などの環境によりいびきが起こる場合は生活環境の掃除以外にも空気清浄機で空気の掃除をしましょう。もちろんタバコは犬のいない場所で吸うようにしましょう。タバコは人間だけでなくても犬にとっても有害なものです。いびき以外の病気を引き起こす可能性もありますので注意しましょう。

いびきが病気の場合はどうする?

いびきが病気により引き起こされている場合は飼い主さんの生活環境や犬の運動量などを変えても効果が得られない場合があります。いびきが病気の場合の対処法についてお話します。

病気かどうかの見分け方

いびきが病気かどうか見分けるのは難しいです。しかし生活環境も整っていて、肥満犬でもないのにいびきがうるさい場合は病気の可能性も考えられます。飼い主さん自身で病気かどうか見分けるのは難しいので、一度いびきの動画を取り、かかりつけの動物病院に相談しましょう。

軟口蓋切除手術を行う

軟口蓋過長症は多くが生まれつきです。これは放置しても短くなることはありませんので、短くするためには軟口蓋切除手術を行う必要があります。軟口蓋切除手術は全身麻酔を行い、喉の奥の軟口蓋をレーザーなどを使用して切除します。

手術になるので当然リスクは有り、切除した部分が炎症を起こし腫れて窒息死してしまうケースもあるようです。手術の費用は全身麻酔や術前の検査などもあるため10万円ほどかかる場合もあります。手術の方法、犬の状態、リスクなどしっかり説明を受けた上で手術を行いましょう。

鼻孔形成術を行う

鼻孔狭窄など鼻の穴が狭くなる病気などで適応される手術です。鼻の一部を切除し鼻孔を広げます。鼻の穴が広がるため、呼吸しやすくなります。軟口蓋過長症同様、全身麻酔を行い、切除を行うためしっかり説明を受けた上で手術を行うようにしましょう。

いびきがうるさい犬種は?

いびきがうるさい犬種
顔の構造上、いびきがうるさくなりがちな犬がいます。ここではいびきがうるさい犬種についてご紹介します。

チワワやトイプードル等小型犬

チワワやトイプードルなどの小型犬は鼻が短い傾向があります。犬は大型犬から小型犬まで歯の本数や体の構造すべてが同じです。小型犬も体の構造はすべて大型犬と同じですので、鼻や口から肺までの距離が短くなり、いびきをかきやすくなります。

ブルドッグやパグ、シーズー等短頭種

小型犬同様ブルドッグやパグなどの鼻が短い犬種もいびきがうるさくなる傾向があります。特に短頭種は鼻を短くするための交配を繰り返してきました。そのため、軟口蓋などが長くなり過ぎてしまう軟口蓋過長症などを引き起こしやすくなります。

まとめ

ここでは犬のいびきがうるさい原因と対処法について、いびきをかく犬種もご紹介しました。犬のいびきがうるさい原因は病気だけでなく肥満や生活環境なども関係してきます。

生活環境や肥満が原因の場合は改善することが期待できますが、病気が原因の場合は何らかの対処が必要になります。犬のいびきがうるさく、異常を感じた場合は出来るだけ早く動物病院を受診しましょう。