atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬を登録していないとまずい?登録の手続きと登録料などまとめて解説!

犬を飼ったら、区役所への登録が必要になります。この登録は、飼い主に義務付けられているのですが、一体どうして登録をする必要があるのでしょうか。ここでは、なぜ登録が必要なのかや、登録方法などを紹介していきます。

犬の登録はなぜ必要?

犬の登録

所有者を明確にする

犬の登録をすることにより、飼い主の責任と所在地を明確にすることができる他、地方自治体や国が犬の登録頭数を把握するこができます。もし、狂犬病の予防接種を受けていない場合は督促状も届くため、予防に関して徹底的に管理するために必要なのです。

狂犬病予防法で必要

狂犬病という病気を聞いたことがありませんか?狂犬病は、人獣共通感染症で治療薬がない恐ろしい病気です。ちなみに、1950年前までの日本は、多くの犬や人間が、狂犬病に感染していました。そもそも狂犬病は、狂犬病ウイルスに感染した犬・猫・コウモリなどをはじめとする動物に噛まれることで感染をします。

狂犬病に感染すると、潜伏期を経て、その病名の通り狂躁・昏睡・麻痺などの神経症状を発症し、その後かなりの高い確率で死亡します。現在も、アジアをはじめ海外では多く発生している病気のため、いつ日本にやってきてもおかしくないとも言われているのです。

しかし、狂犬病を撲滅すべく狂犬病予防法という法律が制定されて以来、日本では狂犬病を撲滅することができ、現在に至るまで狂犬病が確認されていません。つまり、狂犬病を予防するためには、犬の登録と、狂犬病の予防接種が必要なのです。

登録をしないと罰則も

狂犬病予防法は、法律で制定されているものです。そのため、飼い主の義務である犬の登録や予防接種を行わないと、罰則として20万円以下の罰金が科せられます。

犬の登録に必要なものや登録料は?

飼い主の身分証明書(現住所がわかるもの)

動物病院で登録を行う場合は必要ありませんが、地方自治体で登録を行う場合には、現住所が分かる身分証明書が必要となります。

狂犬病予防接種済み証明書

身分証明書同様に、動物病院で行う場合は必要ありませんが、地方自治体で登録を行う場合には、先に動物病院で狂犬病予防接種をしてから登録を行います。そのため、動物病院で発行してもらえる狂犬病予防接種済み証明書が必要となります。

登録料は約3,000円

登録費用に関しては以下の通りです。

登録費用(初回のみ):3,000円
狂犬病予防接種費用:3,000円前後
注射済票交付手数料:550円
※予防接種の費用に関しては、各動物病院や地方自治体によっても異なります。

犬の登録をすると、毎年3月中旬頃に、狂犬病予防接種の通知書が自宅に届きます。狂犬病の予防接種は、4月に各自治体が開催する会場にて集団接種を行う他、動物病院でも接種が可能になります。

また、すでに説明しましたが、予防接種を受けないと、秋以降に督促状も届きますので、必ず予防接種を受けましょう。

犬の登録はいつ・どこですれば良い?

生後91日歳以上の子犬

犬の登録は、生後90日を過ぎたら行います。基本的には、動物病院で接種が可能なため、犬を飼ったら動物病院に相談をしましょう。その際に、多くの病院が予防接種のスケジュールを教えてくれますので、その通りに接種を行えば問題ありません。この点に関しては、人間の赤ちゃんの予防接種と同じと考えても良いでしょう。

居住地を管轄する市町村で行う

登録の窓口は、市町村によっても異なりますが、動物病院で登録手続きを代行してくれることが多いです。そのため、動物病院は、お住まいと同じ市内で行うことをおすすめします。市が違うと動物病院で登録ができないため、その場合は、ご自身でお住まいの区役所へ足を運び、身分証明書と狂犬病予防接種済み証明書を持参して登録の手続きをする必要があります。

動物病院で登録を代行してもらうと、その日のうちに犬観察、狂犬病予防接種済証のプレートを2枚受け取ります。ちなみに、このプレートは、犬への着用が義務付けられている他、犬観察は登録をした際にしかもらえないため、紛失しないように気を付けましょう(再発行は可能です)。

一方、狂犬病予防接種済証は、毎年色の違うプレートを受け取りますので、その都度交換をしましょう。

犬登録を変更する場合や抹消する場合は?

変更する場合

居住地や所有者などに変更があった場合は、各地方自治体で変更ができる他、3月中旬に届く狂犬病予防接種の通知書でも行えます。また、通知書の場合は、変更箇所を赤字で記入するだけで大丈夫です。

抹消する場合

登録していた犬が亡くなってしまった場合は、各地方自治体に連絡をしましょう。連絡をしないと、予防接種の通知書が届いてしまいます。

まとめ

繰り返しになりますが、犬の登録は、狂犬病を予防するために義務付けられているため、犬を飼ったら必ず登録と予防接種を毎年受けるようにしましょう。また、登録で分からないことがあれば、かかりつけの動物病院に相談をしましょう。病気治療中により摂取が難しい場合は、猶予証明書も発行してくれるため、狂犬病に関しては動物病院に相談をするのが適切です。

犬の登録は、飼い主さんの義務です。何十年も日本で狂犬病がないからとって、登録をしないという行為はいけません。犬を飼うからには、責任と義務はしっかりと果たし、お互いが楽しく過ごせる環境をつくっていきましょう。