atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬の寒さ対策を徹底解説!何度で寒さを感じる?寒さには強い?

犬は寒さに強いと思われがちですが、犬種や体の大きさによって、寒さに強い犬も弱い犬もいます。では、犬はどれくらいの温度で寒さを感じるのでしょうか?寒さを感じている犬への対応や対策、注意点を交えながら、今回は犬の「寒さ」についてご紹介します。

犬は寒さに強いの?弱いの?


犬は被毛に覆われている動物なので、ある程度の寒さには適応できる犬が多いです。しかし全ての犬が寒さに強い訳ではありません。体の大きさによっては低体温になりやすい犬種もいます。どんな犬種が当てはまるのか、主な犬種をご紹介していきます。

寒さに強い犬種

寒さに強い犬はどんな犬種を思いつきますか?柴犬、秋田犬、シベリアンハスキー、アラスカンマラミュート、サモエド、セントバーナードなどが広く知られている犬種です。

例えば柴犬は、日本犬の一種で古くから日本に生息している犬なので、日本の気候に適応している犬種です。柔らかい被毛と固めの被毛のダブルコートの柴犬は、寒さに強い特徴を持っています。

シベリアンハスキーやアラスカンマラミュートは、極寒の地での過酷な環境でも犬ぞりを行えるほど寒さに強い犬種です。

寒さに弱い犬種

一方、寒さの弱い犬もいます。イタリアングレイハウンド、ミニチュアピンシャー、ウィペット、ヨークシャーテリア、チワワ、フレンチブルドッグなどが寒さに弱い犬種です。

超小型犬から小型犬が多く、被毛の薄さや短さ、シングルコート、暖かい地方原産の犬種が一般的に寒さに弱いといわれます。

何度で寒さを感じるか

犬が寒さを感じる温度は犬種や個体、生活環境によって差があります。例えば何らかの病気で代謝が悪くなっている場合も寒さを感じやすく、外飼いの犬は寒さに慣れていることもあります。

室内で飼育されている犬の室温の目安は、冬場だと19〜23度で湿度は40〜60%です。寒がりの犬は20〜25度程度になります。犬の個体によって誤差があるため、10度を下回ると肌寒く感じ、5度前後になると寒さを感じると覚えておくとよいでしょう。

犬が寒がっていることを見極めるには?

犬は寒さに強いか
では、犬の「寒さ」を飼い主さんがどのように見極め、判断をしたらよいのかについて考えていきます。

体を丸めている

犬は寒いと体を温めるために体を丸める習性があります。冷たい風や空気で体が冷えないように体の表面積をできるだけ小さくすることで、冷えから体を守るのです。

犬が室内で体を小さくしている場合は、室温が低い可能性があります。温度計の設置や、留守番させる場合は暖房のタイマーをつけておくなどの対策が必要です。

寒さに強い犬種でも、夢中になって雪遊びした後や、気温が極端に低い状況で長時間過ごしたときは注意して犬を観察してください。このとき、飼い主さんが見たことがないほどに小さく体を丸めている場合は犬がとても寒さを感じています。

震えている

犬がガタガタ、ブルブルと震えるのは、恐怖や不安、痛みなどだけでなく、寒さを感じている可能性もあります。

これは筋肉を震えさせることで体温を上げようと反射的に震えてしまうからです。小型犬や特に子犬の体が冷え切っている場合は、すぐに対応する必要があります。

暖かいところに移動している

いつも冷たい場所を探している犬が、日の当たる場所や、ペットヒーター、湯たんぽ、床暖房や電気マットのあるところに移動している場合は、寒さを感じている可能性があります。さらに暖かいところに移動してなかなか別の場所に動かない場合も、寒さを感じていないか注意して観察してください。

食欲がなく、摂取する水分が少ない

犬は寒さが理由で元気や食欲がない場合もあります。犬は暑い時期はお水を多く飲見ますが、寒い季節は自然と飲むお水の量も減ります。

犬が1日に必要な水分は体の5〜7%です。水を摂取せず、体の水分量が少なくなることで、腎機能や泌尿器系に影響が出る場合もあります。冬だから飲む量は少ないと思わずに、犬が必要な水分を取れるようにしましょう。

犬小屋やゲージから出てこない

犬が自分の寝床の犬小屋やゲージから出てこない場合も犬が寒さを感じている可能性があります。

囲いのある犬小屋は冷気が当たりにくいですが、金属製のゲージは風通しがよく冷たいです。冷気がゲージに当たらないように寒くない場所に移動させて、毛布や布で覆う、湯たんぽを入れる対策をしましょう。

犬の寒さ対策は?おすすめグッズも紹介

犬の寒さグッズ
犬が寒くないように暖かく過ごせるグッズをご紹介します。

小屋やゲージの中を暖かくする

寒がりの犬には、寝床をできるだけ暖かくしてあげましょう。

「マルカン ソフトでワイドな湯たんぽ気分」
湯たんぽは固いプラスチック素材の製品が多いですが、ゴツゴツとしていて犬が寝にくい欠点があります。犬が顎や体を乗せることができ、体を温めやすいレンジでチンする湯たんぽは柔らかいのでおすすめです。ただしジェルの入った袋をいたずらしないように注意してください。

「マルカン スーパーホットボアマット S」
電源ヒーターのマットは温かく過ごせるアイテムですが、犬小屋やケージの中に電源を使うヒーターを置くことを心配する飼い主さんは多いです。電源を使わない特殊繊維で、ペットの体温だけで自然に暖かさを保つことができるマットは、寝床に使うマットとして注目のアイテムです。

「ドギーマン 電気のいらない暖か、からだ保温ぶとん M」犬小屋やケージでのお留守番も、電気を使わず暖かくできるアイテムです。アルミや、フリース生地を使用した簡易的なベッドとして寝床で使うことで、より犬が暖かく過ごせます。

トイレを暖かいところに設置する

暖かいところから動かずに長時間排泄を我慢してしまう犬もいます。寒さで犬小屋やゲージの中にずっといる、冬はあまり動かないという犬には、トイレをできるだけ暖かいところの設置するのもおすすめです。

暖かい服を用意してあげる

寒さから犬を守るには、飼い主さんが温かいお洋服を着せてあげることも、一つの方法です。体が震える、寒がる犬には、防寒対策として何種類かあると役立ちます。

「フルッタ (Hurtta) ボディウォーマー グレイ 20S」
フルッタはフィンランドのドッググッズブランドです。シンプルかつ機能的な北欧らしさのあるおしゃれな製品が多いのが特徴。ボディーウォーマーは保温性に優れたオーバーオールタイプのドッグウェアです。

「ジジ·ルシアン ユニオンジャック ダウン風ベストS 秋冬モデル」
温かく見た目もおしゃれなダウンを着せて、お散歩に行きましょう。ユニオンジャックの刺繍がアクセントを出しています。ノースリーブタイプなので犬が動きやすいデザインです。

「SOROS タートルネックニット トップスXS」
ニットの犬服も人気のアイテムです。裏地が起毛なので寒さ対策にぴったりのドッグウェア。ハイネックと背中についたボタンが可愛いセーターです。

寒さ対策の注意点は?

犬に寒すぎる環境はストレスがかかります。いくつかの注意点に気を付けながら、愛犬の寒さ対策を行いましょう。

室内を暖めすぎることは注意

寒すぎるからと室内を暖めすぎないようにしてください。犬が室内でハァハァとパンティングを始めて涼しい場所を探す、水を沢山飲むときは、室内の暖めすぎが原因の可能性があります。冬でも室内で熱中症や脱水症状を引き起こす可能性もあるので、できるだけ屋外と室内の温度差をなくすこともポイントです。

ヒーターなどのコンセントに注意

こたつ、ストーブ、ホットカーペットなどの電源を使用する暖房器具は、万が一コードや製品を噛んでしまうと大変危険です。電源コードが破損して、愛犬の火傷、感電、火事の原因にもなる可能性があるので、特に注意してください。

過度な乾燥に注意

寒さ対策による室内の乾燥は、人間と同様で犬にも免疫力の低下や、体調不良といった悪い影響を及ぼします。特に呼吸器系の疾患、心臓疾患を抱える犬は、過度な乾燥によって体に負担がかかるので、加湿器を使用して乾燥対策を行いましょう。

まとめ

寒がりでも、寒さに強い犬でも、飼い主さんがいつもと違う様子に気がつき、寒がっているのかを見極めることが大切です。冷たい空気は下にたまるので室内でも温度のムラができます。
犬は人間よりも床や地面に近いところで過ごすため、実際は室内の温度計の温度よりも低いところに犬がいることを頭に入れて寒さ対策を行いましょう。