atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

ミニチュアダックスフンドの性格は毛質で変わる?特徴と注意点を解説

ダフくん
るんるん…♪
ペルちゃん
ダフくん、なんだかご機嫌だわね
ダフくん
だって、今日はミニチュアダックスフンドがテーマなんだもん!
ペルちゃん
ペット博士!今日のテーマは?
ペット博士
「ミニチュアダックスフンドの性格は毛質で変わるのか?」だよ
ペルちゃん
ダフくんの性格の由来が分かるから楽しみだわ

ミニチュアダックスフンドの性格は?

ミニチュアダックスフンドの性格は、小動物の狩を行う猟犬として作出された犬種のため、好奇心が強く気が強い面もありますが、しつけを行えば家庭犬として飼いやすい犬種です。

好奇心旺盛

何事においても興味津々で好奇心旺盛な性格は、ミニチュアダックスフンドの特徴です。猟犬であったことからもニオイへの興味に強い執着を持つこともあります。

好奇心の強さに加え勇敢な面もあるので、来客時や知らない人には吠えることもあるでしょう。

賢く柔軟性が高い

ミニチュアダックスフンドは、頭が良く賢い犬種なので、コミュニケーションをしっかりとれば、よく懐いて飼いやすいパートナーとなるでしょう。ただし、ときにわがままを強く出したり、この人なら大丈夫そうだと感じると頑固さをみせることもあります。

自立心が強い

ミニチュアダックスフンドは、自立心が強い傾向があります。柔らかくいうと「マイペースな犬」や「自分の時間がある犬」ともいえますが、甘やかし過ぎることでこれが単なる「わがまま」にならないように、気をつけなければなりません。

スタンダードやカニンヘンとの違いはあまりない

ミニチュアダックスフンドは、もともとダックスフンドの1種類です。

ダックスフンドには、スタンダードと呼ばれるダックスフンド、ミニチュアダックスフンド、サイズが小さなカニンヘンダックスフンドの3つのタイプがあります。

これらの違いは、目安となる体のサイズの大きさであって、性格的に違いがあるわけではありません。

毛の質や色によって性格の違いはある?


通常ミニチュアダックスフンドというと、ロングヘアのタイプを想像する方が多いと思いますが、街を歩いていて、スルっとした毛の短いタイプやワシャワシャしたテリアのような毛質を持つタイプのミニチュアダックスフンドを見かけたことはありませんか?これらは、どれもミニチュアダックスフンドなのです。

ミニチュアダックスフンドの毛色は、非常に豊富で、毛色によって性格が大きく変わることはありません。ではそれぞれ毛質のタイプ別にみていきましょう。

スムースの場合

スムースヘアーと呼ばれるミニチュアダックスフンドの特徴は、ダックスフンドを小型にしたタイプなので、短い被毛を持ち光沢のあるスルッとしたビロードのような肌触りの毛質を持っています。

スムースヘアーを持つミニチュアダックスフンドは、最もスタンダードのダックスフンドに近い性質を持っているので、やや筋肉質で勇敢な性格をしている傾向があります。

ロングの場合

ロングヘアーと呼ばれるミニチュアダックスフンドは、家庭犬として人気のあるタイプとなります。セッターやスパニエル系をルーツに持つロングタイプは、長く柔らかくウェーブがかかった被毛が特徴で、毛色はレッドやブラックタン、クリームが人気です。

ロングヘアーを持つミニチュアダックスフンドの性格は、好奇心旺盛ではありますが、友好的で穏やか、甘え上手なところがあるので、比較的飼いやすい犬種です。

ワイヤーの場合

ワイヤヘアーと呼ばれるミニチュアダックスフンドは、ロングやスムースに比べるとあまり見かけないタイプかもしれません。ゴワゴワ、わしゃわしゃとした硬めの被毛が特徴で、スムースタイプのミニチュアダックスフンドにテリア系の血統を加えることで作られた犬種といわれています。

ワイヤーヘアーを持つミニチュアダックスフンドは、今回紹介した3つの被毛のタイプの中でも、最も気が強い性格だといわれています。これは、テリア系の気性の強い性格が表現されているためで、より頑固でわがままな傾向がみられるからです。

しかし、ミニチュアダックスフンドはもともと賢い犬種なので、子犬の頃からしっかりしつけを行えば、素晴らしいパートナーになることでしょう。

初心者でワイヤータイプのミニチュアダックスフンドを選ぶ場合は、しつけ教室に通ったり、子犬の頃からドッグトレーナーに相談することをおすすめします。

ミニチュアダックスフンドを飼う上での注意点は?


ミニチュアダックスフンドは、毛質のタイプでそれぞれ若干の性格の違いがあることをご紹介しましたが、どのタイプでも共通の注意点があります。

散歩をできないとストレスを抱える

ミニチュアダックスフンドに限ったことではありませんが、犬は散歩をすることができないとストレスを抱えてしまいます。もともと猟犬であることから、吠えたり追いかけるという行動が本能としてあるため、十分に運動させてあげないとストレスから、要求吠えをする、噛むといった問題行動を引き起こす可能性もあるので、注意しましょう。

ヘルニアになりやすい

ミニチュアダックスフンドの最大の特徴は、胴長短足の体型です。この体型は、腰や背中に大きな負担をかけやすいので、子犬の頃からなるべく高いところから飛び降りさせないなどの配慮をしましょう。また、遺伝的にも椎間板ヘルニアになりやすい犬種ですので、痛がる様子やいつもと違う動きを見かけたら、無理はさせずに、獣医師に相談することをおすすめします。

抜け毛が多い

ミニチュアダックスフンドの毛質は、スムース、ロング、ワイヤーと3つのタイプがありますが、どのタイプも抜け毛はあり、短いスムースタイプだから抜け毛のお手入れが楽というわけではありません。

日々のブラッシングに加えて特に換毛期には、ラバーブラシやコーム、スリッカーブラシと被毛のタイプに合ったブラシでお手入れを行い、シャンプーをして抜け毛を取ってあげるとよいでしょう。

まとめ

「ミニチュアダックスフンド」は、同じ犬種でも異なる被毛を持つタイプがいます。ミニチュアダックスフンドは好奇心旺盛な犬種です。被毛によって性格が大きく変わることはありませんが、それぞれ若干の傾向が異なります。