atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

パグの抜け毛は多い?理由と対策方法をわかりやすく解説!

ペット博士
今回は、パグの抜け毛がテーマです
ペルちゃん
パグは愛嬌があって本当に可愛いですよね
ダフくん
ペット博士!なんで今回はペットの抜け毛がテーマなんですか?
ペット博士
パグは毛が短い犬種なんだけど、抜け毛に困っている飼い主さんが結構多いんだ
ペルちゃん
可愛いだけじゃなく、一緒に気持ちよく生活したいもんね
ペット博士
抜け毛問題も含めてパグの愛嬌だから、飼い主さんがしっかりと抜け毛対策ができるように解説しますね!

パグの抜け毛が多い理由は?

犬には犬種によって、毛の長さやシングルコートとダブルコート、毛質の柔らかさ、抜け毛の量の多さなどの特徴がそれぞれ異なります。パグの被毛にには、2種類のタイプがあり、人気のフォーンはダブルコート、黒パグはシングルコートの毛質といわれています。(ただし例外もあります。)

パグの中でも人気のフォーンは、短毛種のダブルコートの犬種です。ダブルコート呼ばれるタイプの被毛を持つ犬は、皮膚や体を守る上毛のオーバーコートと、寒さから体を守るたえの下毛のアンダーコートの2層構造をしている毛が生えています。季節に応じてこの被毛が生え変わる換毛期と呼ばれる時期は、パグのような短毛種でもびっくりするほどの量の抜け毛があります。

シングルコートは、ダブルコートに比べると、抜け毛の量は格段に少ないですが、抜け毛がないわけではありません。

パグの抜け毛の対策方法は?


では、パグの抜け毛対策についてみていきましょう。実際に抜け毛の多いパグと暮らしている飼い主さんたちは、さまざまな対策を行なっています。

毎日ブラッシングをする

ブラッシングは、犬のお手入れの基本ですが、パグは短毛だからと甘くみてはいけません。死毛と呼ばれる、すでに抜けている被毛を、ブラッシングでとってあげることで、抜け毛のお掃除のお悩みを軽減させることができます。また、パグは皮膚が弱い傾向にあるので、ブラッシングついでに、パグの特徴でもある顔のしわ部分を清潔にするために、しわの間を軽く拭き取ってあげるとよいでしょう。

月に1,2回のシャンプーをする

どの犬種でも定期的なシャンプーを行うことで、ニオイや汚れを落とすことができますが、抜け毛の多い犬は、シャンプーを行うことが抜け毛対策にもなります。

頻度は月に1〜2回程度が理想ですが、アレルギーや皮膚炎で皮膚トラブルを起こしている場合は、シャンプーや皮膚のケアはどうしたら良いのかを獣医師に相談しましょう。

サマーカットや服を着させる

パグの抜け毛対策として、サマーカットや犬服を着させている飼い主さんも多いです。

もともとパグは毛が短い犬種ですが、バリカンを使ってサマーカットを行うことで、抜け毛を減らすことができます。パグはもともと皮膚が弱い犬種なので、刈り込みすぎたり、飼い主さんが自分で行い失敗すると、皮膚に傷をつけて皮膚病の原因となる可能性があるので注意が必要です。

治療が必要になることもあるので、サマーカットを自分でやってみようと行う場合、飼い主さんに心配な面があるのならば、トリミングサロンでやってもらった方が安心です。

犬服を着せると床に落ちる抜け毛を減らす効果がありますが、犬服には皮脂や臭いがつきやすいので、まめに洗濯を行えるように替えを用意しておくとよいでしょう。

抜け毛のおすすめの掃除や洗濯の方法は?


パグの抜け毛対策として、お掃除グッズやアイデア商品を使うと、抜け毛のお悩みが楽になったり解決することもありますよ!ここでは、おすすめの抜け毛対策をご紹介します。

コロコロや粘着シートを有効活用する

犬の抜け毛対策の必需品とも呼べるコロコロやガムテープなどの粘着シート類は、家具や寝具、カーペット、車のシート、飼い主の洋服やカバンなどあらゆるところで活躍するアイテムです。

パグの抜け毛でお悩みの方は、数本購入して、気になるお部屋に常備しておくと、すぐに毛を取ることができておすすめです。

毛を取ってから、洗濯ボールを活用する

パグは毛が短いですが、抜け毛は犬用のマットやベッド、飼い主さんの洋服にもしっかりついてしまいます。この対策としては、洗濯する前に、コロコロや粘着シートで抜け毛を取り、洗濯機の中に「洗濯ボール」と呼ばれるアイデアグッズを使用すると、洗濯ボールが水の中に浮いた毛を集めてくれるのでおすすめです。

パグの抜け毛対策におすすめグッズは?

ファーミネーター

ファーミネーターは、軽くブラッシングするだけで、抜け毛の90%を取ることができるブラシです。ただしやりすぎは皮膚を痛めてしまうので注意が必要です。

ラバーブラシ

ラバーブラシは、抜け毛取りとマッサージができておすすめです。

グローブタイプのブラシ

換毛期に特におすすめなのが、グローブタイプのブラシです。手で撫でるようにブラッシングできるので、犬にもマッサージ効果があり、抜け毛対策だけでなく愛犬とのコミュニケーションにも役立ちます。

エチケットブラシ ぱくぱくローラー

カーペットやラグについたブラシは、エチケットブラシでかき集めてきれいにお掃除するのもおすすめです。

ダイソンのコードレス掃除機Dyson V7

犬の抜け毛問題におすすめなのはダイソンのコードレスサイクロン掃除機です。抜ける毛は仕方がないことなので、あとは、吸い取るのみ!大掛かりにならずさっとお掃除できるコードレス掃除機はおすすめです。

まとめ

パグは一般的に、短毛種でも毛が多く抜ける犬種です。犬のお手入れの基本であるブラッシングは、欠かさないことが大切です。換毛期はごっそり抜ける抜け毛と格闘することとなり、抜け毛で悩む飼い主さんは多いですが、それぞれ独自のアイデアや方法でお掃除しているようです。家族の生活スタイルなどによって最適な抜け毛対策を行いましょう!