atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

チワワに散歩は必要ないって本当?適切な頻度や時間などを徹底解説!

ダフくん
ペット博士!チワワに散歩は必要ないの?
ペット博士
誰がそんなことを・・・?
ダフくん
そんなことをどこからか聞いたことがあるんだワン
ペルちゃん
ダフくんは何でも信じちゃうから注意が必要ね
ペット博士
忠誠心があるのは素敵なことだけど、全てを鵜呑みにしちゃいけないよ
ペルちゃん
チワワにも散歩は必要なんですよね?
ペット博士
はい、必要です。ただ、チワワは身体の小さな犬種なので無理は禁物です
ダフくん
ペット博士!もっと、チワワのこと知りたいんだワン!
ペット博士
わかりました、それでは今回はチワワ×散歩をテーマに解説していきますね!

チワワに散歩は必要?


世界で最も小さな超小型犬種といわれているチワワですが、散歩が必要ないからという理由でチワワを飼ってはいけません。運動不足とストレス解消といった心身のバランスをとるためにも、犬に散歩は必ず必要なことです。

室内運動で足りることも

チワワの運動量は1日1〜2km程度といわれています。家の中が広いお家や、お庭がある場合、チワワが運動できる環境であれば、毎日お散歩をしなくてもよいかもしれませんが、基本的に犬にはお散歩は必須です。

可能であれば散歩するべき

1日中、あっちにこっちにと元気に動く子であれば、室内で過ごしているうちに体を動かしているので、必要な運動量を満たしてしまうかもしれませんが、可能であるならば、チワワを毎日お散歩させるべきです。

チワワを散歩に連れて行くメリット

犬は、外の空気を吸ってニオイを嗅ぐことでストレス発散や社会化の練習もできるのでお散歩はするべきです。その他にも、運動不足の解消、肥満防止、筋肉の発達、問題行動の抑制にも効果が期待できます。

チワワはいつから散歩できる?


子犬のチワワを新しく家族に迎え入れた場合には、すぐにお散歩に連れて行くと体調を壊したり、感染症にかかる可能性があります。基本的には、かかりつけの獣医師からお散歩に行ってOKと指示が出てからお散歩デビューをするのがよいでしょう。

畜犬登録や予防接種の後

日本で犬を飼うには、飼い主による畜犬登録と、狂犬病予防接種が義務となります。この届け出の手続きを終えた上で、チワワを散歩に出すようにしましょう。

また、犬の感染症を防ぐための混合ワクチン接種を行い、ワクチンプログラムが済んだ後にお散歩デビューさせましょう。こちらは義務ではありませんが、子犬がかかると死に至る恐ろしい感染病から、愛犬となった子犬のチワワを守るためにも飼い主さんに必要なことです。

子犬を飼う時に、ブリーダーや店員さんに、家族になる犬のワクチンプログラムがどれくらい進んでいる状態なのか、必ず確認しましょう。

怖がることもあるので、慎重に

初めてのお散歩デビューでは、すべてのことが子犬の刺激となります。このため、外に出た瞬間に怖がることや、かたまって動けなくなることもあるので、「初めてのお散歩が怖かった=お散歩が嫌い」にならないように、家の中で首輪をつける練習やリードをつけて歩く練習を行っておきましょう。

最初からしつけることや、完璧なお散歩をチワワに求めずに、少しずつ慎重に、まずはお散歩に慣れることを目標にすることをおすすめします。

チワワを散歩する場合の適切な頻度と時間は?

無事にお散歩デビューができたら、次はお散歩に慣れて習慣となるようにお世話を行いましょう。もしお散歩できない場合は、室内で運動できるように一緒に遊んであげるなどの対応が必要です。

可能であれば毎日連れて行くのがベスト

チワワの散歩はいらないという意見もあるようですが、基本的には可能であるならば、お散歩の頻度はできれば毎日、最低1回、できれば2回、歩く距離は少なくても積極的にお外に連れて行ってあげましょう。

散歩時間は1時間である必要はない

チワワは体が小さいので、他の犬種に比べると、運動量が少ないので、大型犬と同じ価値観で1時間以上歩かせてしまうと体力の消耗から疲労してしまい、体調を崩すことも考えられます。

チワワのお散歩時間は、1回のお散歩時間が15分程度を1日2回が目安となります。

チワワを散歩に連れて行く場合の注意点は?

体が小さなチワワをお散歩に連れて行く際には、注意すべきことがあります。

散歩嫌いの場合の対策

チワワが散歩に行かない、行きたくないと隠れるという散歩嫌いのチワワも多いです。もともとチワワは繊細な犬でもあるので、お散歩中の音や動くものに恐怖を感じてしまい、お散歩が怖いと認識してしまうこともあります。

散歩嫌いにならないためには、徐々に歩かせるようにしたり、静かな場所を選んで歩かせてあげるなどチワワへの配慮も必要です。

冬などの寒さ対策

寒がりのチワワは、特に冬になると、お散歩の様子を察知してハウスから出てこないという犬も多いです。寒い日にチワワがガタガタと体を震わせている状況で無理に散歩をさせることで、余計に冬のお散歩が嫌いになってしまう可能性も高いです。

冬の時期のチワワのお散歩は、日暮れの時間にならないように、日中の暖かい時間を選んで、犬用の服を着せるなど、寒さ対策を行って出かけることをおすすめします。

無理はさせないこと

音や人通り、他の犬との接触にまだ慣れていない犬に、無理にお散歩させたり、犬同士を接触させようとするのは、苦手な犬にとっては大きなストレスとなります。

特にいつも抱っこばかりされているチワワや怖がりのチワワは、嫌がっている仕草を見せているのに無理やり他の犬に接触させると、恐怖から吠える、唸るといった、自分を守る行動をとる可能性があります。

散歩嫌いにならないためにも、焦らずに少しずつお散歩に慣れるようにサポートしてあげましょう。

まとめ

チワワは最も小さい小型犬なので他の犬種に比べると、1日に必要な運動量は少ないですが、全く散歩をしないでよい訳ではありません。チワワは太りやすいので、肥満防止のためにも運動をしてストレス発散できるように、短い時間でも、できれば毎日お散歩に行きましょう。