atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬に与える水の適切な量は?大量に飲む時や飲まない時の理由と対処法

ペルちゃん
ダフくんって、いつも物凄い量のお水を飲むわよね
ダフくん
水は健康に良いから、たくさん飲むことが重要なんだワン
ペット博士
ダフくん、それって誰に教わったの?
ダフくん
え?えーと、ぼくが考えたんだワン!
ペット博士
ダフくん、健康に関わる大切な内容だから、適当な表現はよろしくないよ。
ペルちゃん
ふっ(笑)
ペット博士
犬の健康にも関わる大切な知識なので、今回は犬に必要な”水”について解説しますね。

犬に適切な水の量は?


犬は体の60%以上が水分であるといわれています。環境省によると、犬種や犬の大きさ、飼育環境によっても誤差はありますが、犬の体重に対する1日当たりの必要な水分量を以下のように発表しています。

(体重と1日に必要な水分量について)
2kg-190g
3kg -260g
5kg-370g
10kg-630g
15kg-850g
20kg-1060g
25kg-1250g
30kg-1440g
35kg-1610g
40kg-1780g
出典:環境省

飼い主さんがわかりやすい1日に与える水分量の目安は、普段あげているカリカリのドッグフードの2.5倍の量の水を犬に与える必要があるといわれています。

犬が水を大量に飲む理由と対処法は?

いつも水をそれほど飲まない愛犬が、急に大量の水を飲んでいるときは、注意が必要ですのでよく観察してください。他の気になる症状など、異変を感じたら動物病院に連れて行くことをおすすめします。

体が脱水したため

犬は人間のように全身から汗をかいて体を冷やす機能はなく、パンティングと呼ばれる荒い呼吸をすることで、体内の水分を蒸発させて自分の体温を下げようとします。

パンティングを行うことで、体内の水分が少なくなってしまうと脱水症状を起こすので、季節に限らずいつでもお水を自由に飲めるようにしてあげましょう。

犬の深刻な脱水症状は命の危険にも関わるので、特に夏場の熱中症には注意してください。

ドックフードが変化したため

手作り食やウェットフードを与えている場合は、食事の中にも水分が含まれます。カリカリのドッグフードに餌を変えた場合や、いつもと違う食べ物を食べたときなどは、お水を多く飲む傾向があります。

緊張などの精神的な理由のため

犬がストレスを感じたときや、緊張したとき、来客中などにお水を多く飲むことがあります。この多飲については、特に心配ありませんが、水を大量に飲んだ後に走ると、ごく稀に胃捻転を起こす可能性があるので注意しましょう。

薬の服用のため

闘病中でステロイドや利尿剤などの投薬治療を行なっている場合は、薬の影響で多飲多尿になることもあります。もし水の飲む量が気になる場合は、一度獣医師に相談すると安心です。

犬が水をあまり飲まない時の理由と対処法は?


多飲多尿の反対で、犬がお水を全然飲まないときは、犬の精神面での問題か、病気が隠れている可能性があるので気をつけなければなりません。

ドックフードで水を得ているため

手作り食や缶詰、レトルトといったウェットフードを与えている場合は、水以外に水分を摂取できているので、それほど水を飲まない犬もいます。

与えている水や容器のため

食器に取り替えていない汚い水が入っている場合や、外出先など普段と違う食器で水をあげたときや、水の味が違うときに、犬が敏感に反応して水を飲まないこともあります。

特に夏場の外出先では、熱中症や脱水を防ぐために、水分摂取が必要なので、お出かけ先でも飲める食器で普段から練習しておくことをおすすめします。

環境が変化したため

家族が増えた、来客時など食器の場所がいつもと変わっている時、宿泊先のホテルに行ったなど過ごす環境に変化があった場合にも、犬は水を飲まなくなることがあります。

普段からお出かけ中の車内などで犬が気兼ねなく水を飲めるようにしておくことも、対策の1つとなります。

加齢のため

年を重ねた老犬は、水をあまり飲まなくなることが多いです。水を飲まないと脱水症状になりやすいので、食事の中に水分を足すなど、水分摂取のバランスを飼い主さんがコントロールしてあげるとよいでしょう。

夏バテ、熱中症や外傷のため

パンティングを行うことの多い夏場の脱水や熱中症になっているとき、夏バテですでに犬の具合が悪いとき、怪我や病気の影響で体に強い痛みを感じているときなどは、犬がお水を飲まなくなることがあるので注意してください。

皮下脂肪の多い首元を手で引っ張ったときに、皮膚の戻りがゆっくりの場合は、脱水症状が進んでいる状態です。特に、深刻な脱水や熱中症は、命に関わる可能性があるため、犬を興奮させずに、すぐに動物病院に連絡を入れて指示を仰ぐことをおすすめします。

水を飲むのに適切な高さと容器は?

犬種によって水を飲みやすい高さは異なるので、愛犬の飲みやすい位置に水を入れた食器をセットするようにしましょう。

お留守番が多い犬の場合は、ペットボトルをセットするノズル型や自動給水型、常に水が流れるウォーターファウンテンを利用する飼い主さんも多いです。

犬がむせるのを防ぐためにも重要

水を飲んだ後にむせやすい犬は、食器の高さが合っていない可能性もあります。

年をとったシニア犬は、低すぎる食器で水を与えるとむせやすくなるので首に負担がかからない飲みやすい適切な高さに水の食器を調節するようにしましょう。

まとめ

犬の体には水が必要です。水の異常な飲み過ぎは、なんらかの病気の可能性もありますが、反対に水を飲まないことで命に関わる状態になる可能性もあります。

泌尿器系や子宮の病気が原因で多飲多尿の場合は、すぐに診察を受けなければならない状態である可能性もあります。

犬の飲んでいる水の量が適切かどうかは、日頃から愛犬を観察しておくと判断ができます。愛犬の飲む水の量に異変を感じたら、獣医師に相談することをおすすめします。