atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

犬は花粉症になる?症状や対策方法をわかりやすく解説!

ダフくん
はっくしょん!!!
ペット博士
ダフくん、もしかして・・・!?
ペルちゃん
ペット博士!原因が分かったの?
ペット博士
花粉症かもしれないですね。
ダフくん
え~~~!
ペルちゃん
対策が遅かったわね
ダフくん
対策なんてあるの?
ペット博士
分かりました、今回は犬の花粉症について解説しますね!
ダフくん
もっと早く知りたかったんだワン!はぁあく、、、しょぉおん!!!

犬も花粉症になる?


犬も人間と同じように、アレルギー反応の一種として「花粉症」になる場合があります。ただし犬の場合の頻度は、社会問題となるような人間の花粉症に比べると割合は低くなりますが、アレルギー体質を持つ愛犬と暮らしている場合は、対策やケアをしてあげる必要があるでしょう。

犬の花粉症は、人間と同じく、春先の「スギ」「ヒノキ」などだけではなく、秋の「ブタクサ」「イネ」などにもアレルギー反応を起こすことがあります。

犬の花粉症の症状は?

犬の花粉症の主な症状は、「体を痒がる」「くしゃみをする」といったもので、飼い主さんが愛犬の異変に気がつきます。その他にも、ソファーや床に顔を擦る、前足で目を擦る、からだを舐め続ける、皮膚に炎症が起こる、鼻水や涙が止まらないといった症状も認められます。

近年は、年明けから春にかけては花粉症だけでなく、黄砂やPM2.5の飛来による人間への健康被害がニュースで大きく報道されています。もし、愛犬が春先に花粉症と疑わしき症状を確認したら、飼い主さんは花粉症と決めつけず、大気汚染、食物アレルギ―など、他のアレルギーの可能性も考え、一度動物病院で相談してみてください。

皮膚に現れる

人間の場合の花粉症は、鼻水やくしゃみが止まらない、喉がイガイガする、涙が止まらないといった症状がありますが、犬の場合、多くは皮膚の異常やからだを痒がります。

もともとなんらかのアレルギーを持っている犬やアトピー性皮膚炎を患っている犬は、花粉が飛び交う時期になると、より強いかゆみを感じてからだを掻き続けたり、皮膚が厚く固くなる、脱毛、皮膚の異常や皮膚炎の悪化などを起こすことが多くみられます。

花粉症になりやすい犬種は?


もともとアトピー性皮膚炎や食物アレルギーを抱えている個体は、花粉症になりやすいと言われていますが、個体によってケースはさまざまなので、断定することはできません。

犬種としては、柴犬、シーズー、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバー、コッカースパニエル、スプリンガースパニエル、フレンチブルドッグ、ダルメシアン、ウエストハイランドホワイトテリアなどが挙げられます。

犬がアトピー性皮膚炎になると、生涯に渡って治療やケアが必要となることが多いですが、さらに花粉症の反応を起こすと、全身を強く痒がるので、治療以外でもできる範囲の対策を行いましょう。

花粉症になった時の対策方法は?

人間の場合は、高性能のマスクの着用ができますが、犬の場合は、マスクはできないことと、花粉が舞い上がる地面の近くを歩き、被毛に花粉が付着しやすいので対策が難しいです。

散歩に行く時間を気をつける

できるだけ犬がアレルゲンとなる物質を取り込まないようにするために、気温が高くなり日中花粉が大量に飛散している時間や風が強い時間を避けるのも対策の一つです。

夜間の方が花粉の飛散量は低くなりますが、強風の日や、花粉量が多い日など条件によっては、効果は期待できないかもしれません。

日本気象協会やウェザーニューズなどの各種気象系サイトでは、花粉の飛散情報やPM2.5の分布予測を発表しているので、今どれくらい花粉が飛散している状況であるかを確認できるので活用しましょう。

お洋服を着させる

花粉症の経験がある飼い主さんであるならば、理解できるかもしれませんが、花粉にはできるだけ触れない、家の中に入れないことが鉄則です。

多くの犬種は、全身を被毛で覆われています。被毛に花粉が付着しないようにするためには、犬のお洋服を着用させるとお散歩から帰ってきてからのケアの時間も短縮できるのでおすすめです。

ただし、セーターやモコモコした洋服は、反対に花粉を大量に付着させてしまうので、払って花粉が落ちやすい素材のお洋服がよいでしょう。ただし、室内で洋服をバサバサと払うと逆効果なので注意してください。

最近では、アレルギー用のドッグウェアという新しいジャンルのお洋服が販売されており、足回りまで覆うタイプは、通気性が維持されながら、からだに花粉が触れる面積が減るので犬の花粉症対策には最適です。

散歩から帰ったらブラッシングをする

「花粉にはできるだけ触れない、家の中に入れない」という鉄則のもと、まずはお散歩から家に帰ってきたら、愛犬のブラッシングを行いましょう。被毛の上に付着した花粉を、絞ったタオルや使い捨てのウェットシートなどで清拭してから、ブラッシングを行いましょう。

自宅内も花粉対策をする

どれだけ注意しても、室内に花粉が入るのは仕方のないことです。自宅でできる対策は、人間の花粉対策と同様に、まめに床を水拭きすることと、室内に空気清浄機を設置することです。

まとめ

春先や秋口、症状は違っても、人間も犬にも花粉症は起こります。もし疑わしき症状を確認したら、うちの犬は花粉症だからと自己判断してはいけません。花粉症以外にも犬がアレルギー反応を起こす物質はたくさんあります。交差反応と呼ばれる食物アレルギーを起こす可能性もあるので、気になる症状を見つけたら、一度動物病院を受診することをおすすめします。