atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

猫のいびきで分かることのまとめ!痙攣やプープー音は大丈夫?

1日の大半を眠って過ごす猫。猫がいびきをかいている姿や、ピクピクと痙攣している姿はかわいいと思う一方で、心配する飼い主さんも多くいます。そのまま様子見でよい場合と、動物病院を受診した方がよい場合があります。

今回はいびきの種類や痙攣、考えられる原因、どんなとき動物病院に行けばいいかなど、猫のいびきに関する疑問をわかりやすく解説します。

猫のいびきにはどんな種類がある?


猫いびきの種類は様々です。うちの子の寝息は大きいなと思っていたら、実はいびきだったということもあります。

「クークー」など、高音のタイプ

「クークー」「スースー」など高めの音で、小さめの音のいびきでしたら心配はありません。熟睡していると考えられます。 
                 
ただいつもの寝息よりも大きく感じる場合で、鼻水が出ているときは動物病院を受診しましょう。またペルシャ猫など鼻がつぶれたタイプの猫は、いびきをかきやすい傾向にあります。

「ガーゴー」など、低音のタイプ

人のいびきのような、音が低く「ガーゴー」といういびきは要注意です。肥満気味や運動不足の猫に見られます。太っているため、首周囲の脂肪により気道が圧迫されてしまうのです。肥満はいびきだけでなく、猫の健康そのものにも影響します。

もし体重が重い、太っていると指摘されたことがある、など肥満傾向がある場合は、運動を増やしたりフードの量や種類を見直したりして対策を取ってあげましょう。
 

「プー」「ピー」は鼻詰まりかも

いびきの音が「プープー」「ピー」などは、鼻が詰まっている可能性があります。鼻づまりで眠るのは人間でも苦しいですよね。寝ているときだけでなく、起きているときもいつも「プープー」音がするというときは、動物病院を受診することをおすすめします。

猫の鼻詰まりの原因や対処法とは?


猫の鼻が詰まる原因は何でしょう?またどう対処すればいいのでしょう。鼻詰まりは苦しいものです。早めに対応してあげたいですね。

猫風邪はワクチンで予防を

    
「猫風邪」で、鼻詰まりを起こすことがあります。
猫風邪の原因は「猫カリシウイルス」「猫ヘルペス」などのウィルス感染によるものがほとんどです。猫風邪はワクチンで予防することが可能です。

発熱

猫の平熱は38℃台です。40℃だとかなりの高熱です。抱っこしたとき、いつもより体が温かいと感じたら動物病院に連れて行きましょう。

くしゃみ

風邪のときは、1日に何度もくしゃみをする、鼻水が出る、という特徴があります。

乾いた咳をすることがあります。

鳴き声のかすれ

声がうまく出ない、かすれるという症状が出ることがあります。

鼻水・鼻詰まり

さらさらした水のような鼻水が垂れていたり、黄色い鼻水が出たりします。
鼻が詰まると、口を開けて呼吸をします。

食欲の低下

鼻詰まりで、嗅覚が衰え食欲も低下してしまいます。

眼の症状

眼をかゆがったり、涙を流したり、目ヤニが出たりという結膜炎の症状が出ることもあります。

上記症状の対策方法

 
これらの症状が見られたら、早めに動物病院を受診します。慢性化する猫もいるので、気をつけてあげましょう。

また、普段からワクチン接種をすることで猫風邪予防ができます。もちろん完璧に防げるわけではありませんが、年に1度、猫の混合ワクチンを打つだけでかなりの予防ができます。

特に多頭飼いの場合は、1匹がかかるとほかの猫にも移ってしまいます。ワクチンは全頭、毎年接種してあげましょう。

アレルギー性鼻炎はアレルゲン除去を

アレルギー性鼻炎が原因となって、鼻が詰まることがあります。

特定の季節でくしゃみや鼻水が出る、風邪ではないのに1年中くしゃみや鼻水が出る、という場合は特にアレルギー性鼻炎が疑われます。こんなときは動物病院で、相談をしましょう。

アレルギーの原因となるものは、人と同じように「花粉」「ハウスダスト」などがあげられます。また、室内で人が吸うたばこも原因となることがあります。アレルギーの原因が判明したら、「小まめに掃除機をかける」「空気清浄機を使う」などして原因を取り除いてあげましょう。

たばこの有害物質はアレルギーだけでなく、猫の被毛についてしまいます。被毛を舐めてグルーミングをする猫のためにも、猫のそばでタバコを吸うのは控えてあげましょう。

猫の熟睡時の痙攣って大丈夫?


猫が熟睡しているとき、ピクピク痙攣することがあります。そのようなケースの場合は大丈夫なのでしょうか?

夢をみている証拠なので問題なし

眠っているときに足がピクピク動く、耳や眼も動いている、というときはほとんどの場合浅い眠りで夢を見ているときで、心配はありません。場合によっては「にゃ」など小さな声を出すこともあります。

ただいつものピクピクではなく、大きくビクッビクッとするなど様子が異なる場合は、動物病院を受診しましょう。その際は、スマートフォンで動画を撮っておいて先生に見せるといいでしょう。

病院に行く方がいい場合

猫のいびきでは、動物病院に行って受診した方がいい場合があります。変だなと思ったら早めに行くことが大切です。

いつもと様子が違う・長引いている等

「いつもと様子が違う」と感じたときは、たいしたことがないかもと思っても動物病院に行きましょう。たとえば、「いびきの最中に呼吸が一瞬止まる」、「いびきに雑音がまじる」などが見られたときです。

痙攣と同様、いびきを動物病院で再現するのは難しいので、スマートフォンなどで動画を撮っておくことをおすすめします。その他、鼻水が出ている、鼻が詰まっている、食欲が落ちている、体温が高いなどの症状がみられるときも受診しましょう。
 
普段から猫の様子を見ておくことはもちろん、すぐに相談できるかかりつけの動物病院を見つけておくことも大切です。健康診断やワクチン接種のほか、緊急時にどうしたらよいか、夜中に具合が悪くなったらどうしたらよいか、など対応方法を聞いておくと安心です。

まとめ

猫のいびきが「スース―」「クークー」など高音の静かないびきなら、熟睡しているので特に心配はいりません。また足や耳などがピクピク動くのは、浅い眠りの時に見られるもので問題はありません。

しかしいびきの音が低く大きくなっている、鼻水が出ている、食欲がない、寝ている間に痙攣しているなどの症状があったり、いつもと様子が違ったりするときは早めに動物病院を受診しましょう。いびきが気になるときは日頃から猫の寝ている様子を観察しておくとともに、ワクチンを定期的に打って感染予防をすることも大切です。