atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

猫の甘噛みは痛い?本気噛みとの違いや噛む理由としつけ方法を解説

猫が甘えてきたと思ったらいきなり噛みついてきた、部屋の中を歩いていたら足を噛みつかれたなど、猫に噛まれて困っている飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

甘噛みとはいえ、噛まれるのは痛い時もあり、興奮すれば本気で噛んでくることもあります。猫が噛んでくる理由と、やめさせるしつけ方法をわかりやすく解説します。

なぜ猫は甘噛みをする?


猫が噛んでくる理由は1つではありません。どんな気持ちや理由から噛むのかみてみましょう。

愛情を示すため

仲のいい猫同士が甘噛みしあうのを見たことはありますか?あれはお互い攻撃する様子はありません。それと同じく飼い主さんに甘えたい、大好き、の気持ちでやわらかく噛んでくることがあります。

眠くてたまらないときに、飼い主さんの手をやわらかく噛んでくるときも甘えや愛情のしるしとみていいでしょう。

狩猟本能からくる

人の手の動きや、歩いている足の動きは狩猟本能のある猫にとって「獲物」に見え、勘違いをしたまま噛みついてくることがあります。たとえその時お腹がすいていなくても、本能で猫は飛び掛かり噛みついてしまいます。

幼少期からの癖

生後まもない子猫を1匹だけ保護すると、他の兄弟猫と触れ合わないまま成長します。本来子猫は、兄弟猫同士でじゃれあって甘噛みしあい「ここまで噛むと痛いんだな」とか「この程度なら噛んでも大丈夫だ」という噛む加減を学びます。

しかし1匹だけだと他の猫とのじゃれあいの経験のないまま育ってしまい、強く噛む癖が抜けず加減もわからない、となってしまいます。また、離乳の早かった猫はいつまでも子猫時代の行動がとれず、成猫になっても敷物や手を口にくわえながら足をフミフミする子もいます。

何か嫌なことをされた

猫にとって触ってほしくないところを触られた、もうやめてほしいのに撫でるのをやめない、などの理由で噛んでくることがあります。「しつこいぞ」「もう触らないで」の合図です。猫の尾がパタパタ動きだしたり、耳がぴくぴくしたりし始めたら嫌がっているサインなので、その前に気付いてあげるといいですね。

猫の身体を触ったときに噛んでくる場合は、そこが痛かったり、体調不良だったりということもあります。触ってほしくない様子があまりに頻繁な場合は、動物病院を受診したほうがいいでしょう。

他にも発情期や歯の痒さからくる

オス猫は、メス猫の首のあたりを噛んで交尾します。そのため発情期に去勢していないオス猫が、交尾中でもないのに、本能から衝動的に噛んでくることがあります。また、避妊手術をしていないメス猫も発情期は興奮して、落ち着かず人の手を噛んでしまいがちです。

子猫の歯が生えそろうのは生後1ヶ月ごろです。その後生後3ヶ月から半年くらいで、大人の歯に生え変わっていきます。この時期は、歯がむずがゆく子猫はやたらと噛んでくるようになります。

甘噛みは痛い?本気噛みとの違いは?


痛くないと思われる甘噛みも、噛まれた場所や猫の興奮度合いによっても痛いときがあります。本気噛みとの違いはどこにあるのでしょうか。

猫が大きくなると痛い

よちよちの子猫に噛まれてもあまり痛くはありませんが、さすがに成長した猫に噛まれるのはかなり痛いものです。場合によっては、出血することもあります。子猫の時に、噛む力の加減を教わらずに成長した猫に噛まれると特に痛みも強くなります。

興奮すると本気噛みをすることも

興奮した猫は、本気噛みをすることがあります。例えばパニック状態の時は、要注意です。他の猫とのけんかの仲裁に入ったり、ケガをした猫を保護しようとしたりしたときには本気で噛んでくることがあります。

また、楽しく遊んでいたはずでも、興奮しすぎてしまうと噛んでくることがあるので注意しましょう。

甘噛みする時のしつけ方法は?


甘噛みは根気よくしつけていくと、直すことができます。決して大きな声で叱ったり、叩いたりはせず、猫の習性や性格を生かしてしつけていきましょう。

噛まれた指を猫の口の奥に入れる

人は手を噛まれると、とっさに手を引っ込めてしまいます。その動きが遊んでいるようにも見え、猫が余計興奮してしまうこともあります。

噛まれた瞬間、手を引っ込めるのを我慢して、指を猫の口の奥に入れてみてください。いやがって、噛むのをやめます。ただ、力を入れすぎると猫の口の中を傷つけたり、人間の指が傷ついたりするので、無理はしないようにします。

噛まれたら「痛い」と声を出す

噛まれたときに大きめの声で「痛い!」と声を出してください。甲高い声より低めのほうが、効果があります。これを繰り返すことで、「噛むと痛いんだな」ということを学び、噛むのをやめるようになります。

おもちゃを使って遊んであげる

おもちゃを使って遊ぶことは、猫のストレス解消になり運動不足も解消できます。猫の好きなように遊ばせるのはもちろん、一緒に遊んでコミュニケーションをとると、もっと効果的です。歯のむず痒い子猫には、おもちゃを噛ませてあげます。

ペティオ けりぐるみ エビ
けりぐるみは1人遊びにも使えますが、手に持って動かしてあげたり、投げてあげたりするともっと楽しく遊ぶことができます。ただ、猫キックに夢中になっているときは、そっとしておいてあげましょう。

いつも出しっぱなしにしていると、飽きてしまうので普段は隠しておきましょう。外に1回干すと匂いが変わって、新鮮な気持ちで遊べます。

キャティーマン じゃれ猫 猫のお好みじゃらし
猫と遊ぶ定番といえば、やはり猫じゃらし。鳥の羽のような形状なので、猫は大興奮します。上下左右に振って、たっぷり遊んであげましょう。このおもちゃも放置しておくと、誤飲の原因になることがあるので、普段は猫が取り出せない場所にしまっておきましょう。

ドギーマン じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線
光を追いかけさせるおもちゃです。猫じゃらしよりもかなり運動量が増えるので、運動不足も解消できます。猫の足が滑る場所では遊ばないようにしましょう。

YATDA 麻縄ボール
ころころ転がるボールも猫にとっては、獲物に見えるおもちゃです。あちこちに投げて、走っては齧るという遊びをたっぷりやってあげましょう。猫が自分で転がして遊ぶこともできますよ。麻でできた素材なので、噛み心地もよさそうです。

ストレスを溜めないようにする

猫のストレスを解消してあげましょう。まずは寝床や餌など環境を見直します。また、体調不良ではないかも確認しましょう。発情も猫のストレスになります。早めに去勢・避妊手術をしてあげましょう。

一緒にいるときはたくさん遊び、こまめにブラシをかけたり撫でたりしてスキンシップをとります。

まとめ

猫が噛むのは必ず理由があります。むやみに叱るのではなく、どうして噛むのかな?とまずは猫の気持ちを考えてみましょう。遊び足りない、噛み加減をしらない、など理由がわかったら、あせらずに対応していきます。ただし、体調不良は早めに動物病院に連れて行きましょう。

また、噛まれたところは、きれいに洗い、出血した場合は消毒することも忘れないでくださいね。