atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

猫の乳歯が生え変わるのはいつ?永久歯との見分け方や順番も解説!

猫も私たち人間と同じように乳歯から永久歯へと生え変わります。しかし、実際に歯が抜け落ちたところを見た方は少ないのではないでしょうか?また、中には乳歯が抜けずに歯並びが悪い猫もいるでしょう。ここでは、そんな歯にまつわる不思議を解説していきます。

猫の乳歯の生え変わりの特徴は?

生え変わりは生後3ヶ月頃〜6ヶ月頃

歯の生え変わりが始まる時期は、月齢で生後3ヵ月頃~6ヶ月頃と言われており、この間でほぼすべての歯が永久歯へと生え変わります。

また、歯の数も乳歯が26本なのに対し、永久歯は30本と本数も増えます。ちなみに、歯の順番としては、歯が上下左右で3本ずつ・犬歯は上下左右で1本ずつ・臼歯が上顎に6本・下顎が4本となります。また、残りの4本は、上下左右一番奥に生えてきます。

生え変わりのサイン

私たち人間の赤ちゃんと同じように、猫も永久歯が生える頃になると、やたらとおもちゃを噛む【歯固め】の仕草をするようになります。これは、永久歯が生えてくるサインで、歯や歯茎がムズムズとかゆくなるのを、おもちゃを噛むことで気を紛らわそうとしているのです。

猫は乳歯を飲むケースが多い

歯が生え変わり始めても、抜けた乳歯を見たことがない飼い主さんも多いのではないでしょうか。実は、猫は抜けた歯を飲み込んでしまうケースが多いため、なかなか抜けた歯を見ることができないのです。

乳歯が抜けると出血することも

乳歯が抜けると、中には出血することもあります。しかし、出血をしても比較的すぐに止まることが多いため、この時期に口の中が出血していたら歯の生え変わりが原因だと考えて良いでしょう。

ただし、5分以上経っても血の止まる気配がなかったり、口の中でも歯からの出血ではなさそうな場合などは、早めに動物病院へ連れていきましょう。

乳歯が抜けないとどうなる?

乳歯遺残に注意が必要

永久歯へと生え変わる中、中には乳歯が抜けずにそのまま残ってしまうことがあります。これを【乳歯遺残】といいます。猫の口の中を見た時に、歯並びが悪くガタガタになっていたら、この可能性が高いです。

歯肉炎を起こし、歯周病の原因も

乳歯遺残になると、歯並びが悪くなるため、食べたものが歯の間に詰まりやすくなります。その結果、乳歯遺残がない猫よりも歯肉炎を起こすリスクが高まり、歯周病の原因にもなります。

食事がしにくくなる可能性

乳歯依存が及ぼす影響は、それだけではありません。歯並びが悪いと、咬合異常を起こしやすくなり、フードが食べにくくなることがあります。そのため、その場合は早めに動物病院に相談をしましょう。

抜けない時は獣医に相談

基本的に、乳歯遺残があった場合は、動物病院で抜歯の処置をしてもらうことをおすすめします。幼いうちに乳歯を抜歯しておくことにより、成猫になってからの歯のトラブルが軽減します。なぜなら、猫は歯肉炎や歯周病を起こしやすいと言われているからです。

歯周病になると、口臭が気になるだけでなく、食欲の低下・歯が腐る・膿が溜まり顔に穴が空くなどの症状が見られます。このように、歯周病は健康状態を害する恐れもあるため、乳歯遺残を見つけたら早めに動物病院に相談をしましょう。

猫の乳歯を発見できたらラッキー?

見つけることが難しい

26本もの歯が抜けるにも関わらず、抜けた歯を見たことがない方も多いのではないでしょうか。実は、猫は抜けた歯のほとんどを飲み込んでしまうことが多いため、見つけることが難しいと言われています。しかし、中には【水飲みボウルの中にあった】【フードボウルの中や近くにあった】【おもちゃにくっついていた】といったこともあるため、この時期はうまくおもちゃを与えつつ注意深くチェックしてみると良いかもしれません。

保存する場合はケースを用意

見つけることが難しいと言われている猫の乳歯、もしも見つかったら保存しておきたいですよね。もちろん、動物病院で抜歯をした際にも、抜けた歯は持ち帰ることができるため、手元にある乳歯はケースに入れて保存をしましょう。

桐製 猫の乳歯ケース

この保存ケースには、【猫のシルエット】【猫の肉乳】の2タイプのが販売されています。価格は1,900円で、高級かつ桐天然木を使用しているため、長期間の保存も安心です。また、大きさも5cm程と小さいため、多頭飼育しているご家庭でも保存場所を取らずに済むのもポイントです。

まとめ

このように、猫の歯の生え変わりは、気づかぬうちに始まり、気づいた頃には終わってしまっていることがほとんどなのです。しかし、一生に一度の歯の生え変わり、できればその瞬間を見たり、幸運にも歯を見つけられたら保管しておきたいですよね。

愛猫の歯の生え変わりが始まったら、辺りを気にしながら過ごしてみましょう。もしかすると、乳歯がポロッつと落ちているかもしれませんよ。