atpet [アットペット] | Be happy with pet - ペットと共に幸せな生活を -
   

猫の抜け毛が多い時期や対策方法とは?掃除方法も合わせて解説!

猫の抜け毛に悩まされていませんか?抱っこすると、服に猫の抜け毛がたくさんつくのはもちろん、カーペットには絡みつき、床にはふわふわ舞っていることもありますよね。そこで猫の抜け毛の原因を探るとともに、猫も飼い主さんも快適に過ごす対策をご紹介します。効果的なお掃除方法も、さっそく今日から実践してみてくださいね。

猫の抜け毛が多い理由は?

猫抜け毛
猫の抜け毛はなぜ多いのでしょう?まず猫の毛の生え方をみてみましょう。シングルコートの種を除いて、ほとんどの猫は3種類の毛がたっぷり生えています。長くてしっかりした毛が「ガードヘア」、先端が針状になっている「オーンヘア」、細く柔らかい毛が「ダウンヘア」で、「オーンヘア」「ダウンヘア」は1つの毛穴から複数本生えています。

猫にとってはケガ予防や体温調節のために欠かせない被毛ですが、たくさん生えている分多く抜け替わるため、抜け毛が多くなる、というわけです。

季節的原因の抜け毛

猫の換毛期である春と秋に、抜け毛が特に増えます。室内で飼われている猫の場合、年中毛が抜けている印象ですが、さらに増えるのがこの時期です。季節的な原因の抜け毛は、ある意味仕方がないといえるでしょう。

ストレスからくる抜け毛

ストレスを感じると、猫はグルーミングの回数が増えます。例えば、引っ越しなどライフスタイルの大きなイベントや、飼い主さんの仕事が忙しくてあまり遊んでくれなくなった、などもストレスの原因になります。

過度なグルーミングは抜け毛の原因となります。ストレスが続いていると同じところばかりグルーミングを繰り返し、その部分の毛が抜けてはげたり、頻繁に毛玉を吐いたりすることもあります。ストレスを感じるようなことがないか、環境を見直す必要があります。

アレルギーなどの皮膚病による抜け毛

猫がなんらかの皮膚病にかかった時も、抜け毛が増えます。ノミやダニがつくと、刺されてかゆいだけでなく、アレルギー症状を起こすことがあります。また、アレルギーは食べものによっておこることもあります。

糸状菌症など菌が原因となる皮膚病や、もともとアトピーの猫も毛が抜けやすくなります。毛が抜けたり、フケが多かったりかゆがったりしているときは早めに動物病院を受診しましょう。

ビタミンなどの栄養不足による抜け毛

特に手作り食などで同じものばかり食べさせてしまうと栄養が隔たり、ビタミン不足で抜け毛が増えることもあります。獣医さんに相談して食事を見直しましょう。また、ホルモンバランスの崩れが原因で、猫の抜け毛が増えることがあります。左右対称に抜け毛が見られるときは、早めに動物病院を受診しましょう。

猫の抜け毛の対処方法は?

猫ブラッシング
猫には抜け毛がつきものです。しかしちょっとした心がけで、猫も飼い主さんも快適に過ごせます。

ブラシを使ったブラッシング

まずはこまめなブラッシングがおすすめです。特に長毛種は、毛が絡みやすいので毎日やってあげる必要があります。ブラッシングは、猫とのコミュニケーションにもなりますし、皮膚に異常があった時もすぐに見つけてあげることができます。特にシニアになった猫は、体が思うように動かず舌が届かなくなっていることもあります。丹念にブラッシングしてあげましょう。

ダウンヘアがたっぷりの猫には、ファーミネーターで抜け毛を取ってあげましょう。ごっそりと抜け毛が取れるので評判です。毛玉をよく吐く子には特におすすめです。
ファーミネーター 小型猫 S短毛種用【正規代理店品】

長毛種の子向けや、大きな子向けのLサイズもあります。猫の大きさや毛の長さに合わせて選びましょう。
ファーミネーター 小型猫 S長毛種用【正規代理店品】

シンプルなスリッカーブラシの感触を喜ぶ子もいます。ソフトタイプなら皮膚にも安心です。
スリッカーブラシ ソフトタイプ 小

ブラシを怖がる猫には、グルーミングができる手袋でマッサージすると喜ぶかもしれません。
ペットグローブ 犬と猫に使える

シャンプーを行う

換毛期にシャンプーしてあげると、不要な毛が一度に取れる上、皮膚を清潔に保つことができます。ただ、ほとんどの猫は水に濡れるのを嫌がりますし、頻繁にシャンプーすると皮膚が乾燥しすぎかえってトラブルになることがあります。猫の専用シャンプーで年に1~2回換毛期に行う程度にします。

皮膚病のため動物病院からシャンプーが処方された場合は、指示に従いましょう。猫専用シャンプーならしっとり洗ってあげられます。ノンフレグランスなら、匂いに敏感な猫も安心です。
クイックリッチトリートメントインシャンプー ノンフレグランス200ml

細菌やウイルス感染した皮膚には、専用シャンプーを。獣医さんの指示に従って使います。
フジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー犬猫用200g 医薬部外品

空気洗浄機を利用する

空気清浄機があると、部屋中のあちこちに舞っている猫の細いふわふわの毛を吸い取ってくれます。匂いも吸い取ってくれるので、抜け毛だけでなく猫の匂いが気になる方にもおすすめです。

この空気清浄機は、抜け毛も匂いもしっかり吸い取ってくれます。ペットの毛を集塵するフィルターは、水洗いもできるので清潔に保てます。
アイリスオーヤマ 空気清浄機 ペット用 IA-401

猫の抜け毛を掃除する方法は?

抜け毛掃除
お部屋の気になる猫の抜け毛。カーペットに刺さっていたり、舞い上がってしまったりと掃除機をかけてもきれいにならない時があります。そんな時は、コロコロやクイックルワイパーを使ってみましょう。

コロコロやクイックルワイパー等の使用

カーペットやソファなど布製品に刺さってしまった猫の抜け毛は、コロコロで掃除するのがおすすめです。コロコロは掃除機のように大きな音がしないので、猫も怖がりません。ただし猫に直接コロコロをするのは、皮膚トラブルのもとになるのでやらないようにしてくださいね。

フローリングのふわふわ抜け毛はクイックルワイパーで掃除すると、細かい毛が飛んでいく心配がありません。ウェットタイプのクイックルワイパーを使うと細かい毛もしっかりキャッチできます。

室内を猫の毛がつきにくい素材にする

室内の様々な素材を、猫の抜け毛がつきにくいものに変えてしまうと、ストレスが減ります。例えばカーテンはナイロンなどつるつるした素材のものに、ソファは皮張りや人工皮張りタイプにすると、さっと掃除するだけですみます。

ベッドカバーやクッション・カーペットも、猫の毛が付きにくい素材のものが売られているので、抜け毛に悩まされている方は変えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

飼い主さんを悩ます猫の抜け毛は、こまめなブラッシングと時々のシャンプーで取り除いてあげましょう。特に、ブラッシングは猫とのコミュニケーションタイムにもなります。かゆがる、抜け毛があまりにひどい場合は早めに動物病院に連れて行きましょう。

空気清浄機やコロコロ・クイックルワイパーなどお掃除グッズを使ったり、室内を毛がつきにくい素材にしたりすることで、猫の抜け毛ストレスを減らすことができます。抜け毛対策をして、猫も飼い主さんも快適に暮らせるようにしましょう。